ザ・ドゥーワップ・ボックス Ⅰー11

ティーネージャーズthe Teenagersのように、多くのグループは、主にそのリード・シンガーが有名であり、その個人の力や優れた能力がバックのボーカリストを圧倒することがよくある。

Amazon | The Teenagers Featuring Franki | The Teenagers | 輸入盤 | ミュージック

レイブンズThe Ravensのジミー・リックスJimmy Ricks、ファイブ・キーズThe Five Keysのルディ・ウェストRudy West、

Jimmy Ricks And The Ravens - OLD HAT GEARAmazon | The Very Best of the Five Keys Featuring Rudy West: Dream On | Five  Keys Featuring Rudy West | R&B | ミュージック

ハープトーンズThe Harp-Tonesのウィリー・ウィンフィールドWillie Winfield、スパニエルズThe Spanielsのプーキー・ハドソンPookie Hudson、

The Harptones Featuring Willie Winfield – The Harptones Volume 2 (Vinyl) -  DiscogsMarv Goldberg's R&B Notebooks - SPANIELS

ムーングロウズThe Moonglowsのボビー・レスターBobby Lester、ハーツThe Heartsのリー・アンドリュースLee Andrews、

ボビー・レスター&ムーングロウズ one more time RELIC8001/LP8001 | レコード買取Lee Andrews & the Hearts(リーアンドリュース&ザ ハーツ)|洋楽オールディーズ ロカビリー アイドルポップス

そしてプラターズThe Plattersのトニー・ウィリアムスTony Williamsは全員、後ろにグループがいようがいまいが、熟練した技術を持ち感情表現が鮮やかだった。

プラターズ55年デビュー曲で全米5位ミリオンセラー「オンリー・ユー」 | 竜馬のオールディズ

私はかつて、ブルックリン・フォックス・シアターBrooklyn Fox Theaterでマレイ・ザ・ケーMurray the Kのショーを見たが、そこでジョニー・マティスJohnny Mathisがハープ・トーンズThe Harp-Tonesをフォローする気の進まない仕事をしていた。

The Opulent Splendor of Downtown Brooklyn's Lost Fox Theatre | BrownstonerMurray the K - Wikipedia

Amazon | Gold | Mathis, Johnny | 輸入盤 | ミュージックハープトーンズの「The Harptones」をApple Musicで

グループは、ピアニスト/作曲家のラオールJシタRaoul J. Citaの単純なコードで演奏を始め、それをきっかけにウィリー・ウィンフィールドWillie Winfieldが心を揺さぶる言葉「一緒にいてくれますか・・・」を歌い始めた。

The Harptones, feat. pianist & writer Raoul Cita's Best Songs | This Is My  JamAmazon | featuring willie winfield vol. 1 LP | | ミュージック | ミュージック

それ以上、「人生は本当に素晴らしい」とまで歌わなくても、マチスは精一杯歌っていたであろう。言わば、目頑張っているジョニーと一緒にステージを独占してしまった。
早くも1951年には、スワン・シルバートーンズThe Swan Silvertonesやピルグリム・トラベラーズThe Pilgrim Travelersなどの偉大なゴスペル・カルテットの影響は、ほぼドゥーワップ・グループに近いクライド・マクファターのいたドミノーズThe Dominoes with Clyde McPhatterの感動的な演奏の中で聞くことができたし、次に彼がドリフターズThe Driftersのリード・シンガーとして生まれ変わった時にも聞くことができた。

Amazon | 1946-1951 | Swan Silvertones | ゴスペル | ミュージックPILGRIM TRAVELERS / ピルグリム・トラベラーズ商品一覧|HARD ROCK / HEAVY  METAL|ディスクユニオン・オンラインショップ|diskunion.net

Federal 548 Billy Ward and His Dominoes Featuring Clyde McPhatterCLYDE MCPHATTER & THE DRIFTERS / クライド・マクファター & ドリフターズ 商品一覧|PUNK|ディスクユニオン・オンラインショップ|diskunion.net

このような背景の中でゴスペル風のグループは、ジュエルズThe Jewels、ナツメグスThe Nutmegs、シルエッツThe Silhouettes、そしてジェリー・バトラーとインプレッションズJerry Buler And The Impressionsだった。

the JEWELS doo-wop 78 HOW b/w RICKETY ROCK on IMPERIAL in vg+ condition RJ  380 | eBayThe Nutmegs - Story Untold EP | Releases | Discogs

The Silhouettes | SpotifyFor Your Precious Love-Jerry Butler, The Impressions-KKBOX

ゴスペルの要素は皮肉にも、60年代に商売で通用するイディオムとしてドゥーワップの中に「存在した」。
ドゥーワップの女性グループの代表はシャンテルズThe Chantelsただ一つで、偉大なるアーリーン・スミスArlene Smithが主役だ。

The Chantels - Album by The Chantels | SpotifyArlene Smith – HILOBROW

シャンテルズの前にいたのはブロンクス近郊にいたハーツThe Heartsで、ジャネット・ベイビー・ワシントンJanette “Baby” Washingtonがいた。

The Hearts - Lonely Nights (1955) - YouTubeBABY WASHINGTON: A Handful Of Memories (Jasmine) – Soul and Jazz and Funk

その次の登場したのがもっと純朴なグループのシレルスThe Shirellesで、「アイ・メット・ヒム・オン・ア・サンデーI Met On A Sunday(Ronde-Ronde)」には、これから変化する兆しが全くなかった。

Amazon | THE BEST OF SHIRELLES | THE SHIRELLES | ポップス | ミュージック

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。