大瀧詠一のアメリカン・ポップス伝 パート4第1夜

大瀧詠一のアメリカン・ポップス伝 パート4 第1夜

ヤフオク! - 大瀧詠一 大滝詠一 EIICHI OHTAKI / ナイアガラ...

2013年8月13日放送

(放送内容)

大瀧詠一のアメリカン・ポップス伝 パート4 の時間のタイムがやって参りました。本日はニューヨークのグループを中心に、後にドゥーワップと呼ばれたコーラス・グループを特集します。全体の雰囲気をつかむためにたくさん曲をかけていこうと思っております。曲のさわり部分だけとなりますが、ご了承ください。まずは、この曲から。

Frankie Lymon & The Teenagers - Why Do Fools Fall In Love (1989 ...The Teenagers Featuring Frankie Lymon - Why Do Fools Fall In Love ...

Frankie Lymon & The Teenagers 「Why Do Fools Fall In Love」

1956年1月に、エルビスのハートブレーク・ホテルが発売になり、そこからロックンロール時代が始まったというお話をして参りました。

エルヴィス・プレスリー☆シングル盤☆ハートブレーク・ホテル~ただ ...

ほぼ同時期にR&Bチャートでは、この曲がナンバー・ワンだったということもお話いたしました。ポップ・チャートでも6位でしたから、この時代としてはかなりの快挙だったわけです。アメリカン・ポップスの中心地であったニューヨークは、以前からこのようなコーラス・グループが中心的存在だったんですね。フランキー・ライモンは、アッパー・マンハッタンの出身で、他のメンバーもハーレム付近、二人のプエルトリカンがいましたが、二人ともニュー・ヨーク育ちでした。

ニューヨーク アッパー イーストサイド ホテル 一覧 | KHJ

で、フランキー・ライモンのすぐ近くに住んでいたのが、後にロネッツThe RonettesになるベロニカVeronica Bennettです。

フランキー・ライモンSWEDEN廃盤☆FRANKIE LYMON & THE TEENAGERS ...Veronica Bennett - The Ronettes | The ronettes, Ronnie spector ...

で、大スター、近所の青年が大スターになったということで、フランキー・ライモンはベロニカのアイドルでした。

The Ronettes 「Baby, I Love You」「Why Don’t They Let Us Fall In Love 」

1964 The Ronettes sheet music | The ronettes, I love you words ...Why Don't They Let Us Fall in Love - Wikipedia

えー、この、アーアッアーていうのは、ずいぶん、ベロニカは影響されていますね。で、ホワイ・ドゥ・フールズ・フォーリン・ラブですけれども、これはニュー・ヨークのジーという会社から発売されました。GEEですね。このベーベルを作ったのはギャンブル好きで有名なジョージ・ゴールドナーです。

George Goldner | ディスコグラフィー | Discogs

で、GEEといいますと、これと同名のヒット曲がありました。

Amazon | Gee | Crows | R&B | 音楽The Crows - Gee (1953, Red Translucent, Vinyl) | Discogs

The Crows 「Gee 」

クロウズのジーですね。これは、ホワイ・ドゥ・フールズよりも3年前の53年のヒット曲で、R&B2位となる大ヒットでした。レコード会社はラマ、RAMAですね。ラマは、ジョージ・ゴールドナーが最初に作ったレコード・レーベルです。ゴールドナーは両親がヨーロッパからの移民で、ニュー・ヨークで育ちました。そして40年代にティコというレコード会社を作りまして、レコード・ビジネスに参入していました。最初はラテンのレコードを出していたんですね。その中から、ティト・プエンテの曲を聞いてみましょう。

Tito Puente And His Orchestra - Mambos Arr. By Tito Puente Volume ...Mambo Macoco / Abaniquito by Tito Puente & Orchestra (Single ...

Tito Puente 「Abaniquito 」

アバニクイトという曲で49年の録音です。この後に、このレコード会社を辞めまして、ニュー・ヨークの大ボス、モーリス・デビ―と作ったのが先ほどのラマというレコード会社でした。そして5枚目のシングルのジーが大ヒットとなって、「これはツキが回って来たな。」と思ったんでしょう。ゴードナーはそのジーのヒットにあやかって、ジーという新しいレーベルを作ったんです。そしたら、フランキー・ライモンの大ヒットが出たと、ま、こういうことでした。ジーのヒットを飛ばしたクロウズですけれども、彼らのニュー・ヨーク、ハーレム出身の若者たちでした。クロウとはカラスですね。え、これは先輩に、レイブンズThe Ravensという大型のカラスです、それがいたので、自分たちを小型のカラスにしたのではないかと思います。

Count Every Star - The Ravens | Shazam

では、その大ガラス、レイブンズの曲を。

THE RAVENS - "COUNT EVERY STAR" (1950) - YouTubeThe Ravens - Count Every Star / I'm Gonna Paper All My Walls With ...

The Ravens 「Count Every Star」

50年のカウント・エベリスター、当時はチャート・インしなかったんですけども、後にリンダ・スコットのカバーで大ヒットしました。

Amazon Music - Linda ScottのCount Every Star - Amazon.co.jpLinda Scott - Count Every Star (1962, Vinyl) | Discogs

Linda Scott 「Count Every Star 」

ザ・レイブンズは46年ですから戦後すぐですね。ニュー・ヨークで結成されました。ではレイブンズからもう一曲、48年の暮れ、9位のヒットとなった曲を。かなり早いけど、メリー・クリスマス。

The Ravens - White Christmas / Silent Night (1958, Vinyl) | DiscogsThe Ravens-White Christmas - YouTube

The Ravens「White Christmas」

このレイブンズのアレンジが54年のドリフターズに受け継がれました。

The Drifters - White Christmas (DJ Spector Retouch) | DJ SpectorWhite Christmas - ザ・ドリフターズ | Shazam

The Drifters「White Christmas」

そして77年に、日本のトランク短いが受け継ぎました。

トランク短井「お正月」

ま、これはどうでも良いですけど、このようにアレンジとかそういうものが受け継がれていくというのも、このドゥー・ワップの面白いところであります。で、レイブンズの登場を皮切りに、なぜかコーラス・グループが鳥の名前を付けるのが恒例になって行きます。続いて登場したのが、ムクドリ、オリオールズでした。

Amazon | 20 Doo Wop Classics-Crying in the Chapel | Orioles | R&B ...The Orioles - Crying In The Chapel / Don't You Think I Ought To ...

The Orioles 「Crying In The Chapel」

オリオールは、正確にはムクドリモドキというそうですけども、このクライング・チャペルは53年のナンバー・ワン・ヒットで、ポップでも11位にランクされるほどの全米ヒットとなった曲でした。まあ、オリオールといいますと、メジャー・リーグ・ファンならすぐに、カル・リプケンがいたボルティモア・オリオールズを連想しますけども、このオリオールズはボルティモアで結成されたんですね。

MLB カル・リプケン Jr 2632試合連続出場 - YouTubeボルティモア・オリオールズ - 野球の試合速報・日程・結果・ニュース ...オリオール・パーク・アット・カムデン・ヤーズ - Wikipedia

で、オリオールはボルティモアの州の鳥なんです。ま、それにちなんでつけたということですね。リード・シンガーのソニー・ティルもボルティモア生まれで、グループ結成は48年ですから、メジャー・リーグのオリオールズよりも、はるかに先にオリオールズを名乗っていたことになります。

James'z Rockin' Blues: R&B Popcorn☆ソニー・ティル&ジ・オリオールズ

続いての鳥はスワローズ。

The Swallows 「Will You Be Mine 」

Amazon | Very Best of the Swallows | Swallows | R&B | 音楽SWALLOWS- WILL YOU BE MINE.wmv - YouTube

このスワローズもボルティモアのグループなんですね。で、グループ名は大御所、インク・スポッツの曲名から拝借したものです。

I Don't Want To Set The World On Fire (Single Version)/The Ink ...

やはり先輩のオリオールズに倣って鳥の名前を付けたんだと思いますが、次のグループも、ボルティモアで結成されたグループ、カーディナルス。

Amazon | Door Is Still Open | Cardinals | R&B | 音楽The Cardinals - The Door Is Still Open / Misirlou (1955, Shellac ...

The Cardinals 「The Door Is Still Open 」

55年4位にランクされたヒット曲、ザ・ドア・イズ・スティル・オープン・トゥ・マイ・ハートでした。で、後にディーン・マーチンでも大ヒットしましたねえ。

Dean Martin - The Door Is Still Open To My Heart (1965, Vinyl ...

で、カーディナルというのは、羽の赤い色が特徴で、これもメジャー・リーグの話になりますが、セントルイス・カーディナルスのユニフォームにはバットに乗っているカーディナルの絵が描かれています。

楽天市場】ご予約 MLB セントルイス・カージナルス 2020 チーム ...ブックメーカー】メジャーリーグはリーグ優勝決定シリーズ突入!ア ...

さて、ボルティモアから舞台はシカゴに移りまして、フラミンゴウスの登場です。

The Flamingos - WikipediaHurry Home Baby/That's My Desire (NM 45 rpm) - Amazon.com Music

The Flamingos「That’s My Desire 」「I’ll Be Home 」

ザッツ・マイ・ディザイア、53年にリリースされた彼らの2枚目のシングルでした。これもたくさんのカバーがある名曲ですが、曲自体は31年に作られていた曲です。このレコードを発売した会社はシカゴのチャンス・レーベルでした。で、フラミンゴースはついに移籍して、シカゴのパロット・レーベルに移籍します。いよいよレコード会社まで鳥の名前を付け始めました。そこからリリースされた珍しいナンバーを聞いてみましょう。

FLAMINGOS- I REALLY DON'T WANT TO KNOW - YouTube

The Flamingos「I Really Don’t Want To Know 」

フラミンゴースはカントリーの「知りたくないの」をカバーしていたんですね。鳥の名前はほかにも、ロビンズとかラークスとかたくさんありましたが、ここら辺にしておきます。

The Robins - The Best Of The Robins (1974, Vinyl) | DiscogsAmazon | Unbelievable | Larks | クラシックソウル | 音楽

このように、ニューヨーク、ボルティモア、シカゴ、ロサンゼルスなどの各地でコーラスグループが結成されていたところへ、53年、先ほどのジーですね、クロウズの、これが大ヒットして、翌年コーズのシュ・ブームのヒットで、一気にこのジャンルが盛り上がって、そして56年、フランキー・ライモンの登場となったわけです。

Sh-Boom: Life Could Be a Dream(シュブーン: ライフ・クッド・ビー ...

ここで、鳥の名前以外のグループも紹介しておきましょう。ドゥー・ワップ・グループは全部・鳥の名前が付いているという風に思われるのも困ります。まずは51年のR&Bナンバー・ワン・ソング、ザ・グローリー・オブ・ラブを聞いてみましょう。

45cat - The Five Keys - The Glory Of Love / Hucklebuck With Jimmy ...FIVE KEYS -THE GLORY OF LOVE.wmv - YouTube

The Five Keys 「The Glory Of Love」

バコ・カントリーといわれるバージニア州のニュー・ポート・ニューズのグループですけれども、この曲はニュー・ヨークで録音されました。次も51年のナンバー・ワンソング、クローバーズのドンチュー・ノウ・アイ・ラブ・ユウ。

The Clovers - Don't You Know I Love You & Other Favorites (2004 ...The Clovers - Don't You Know I Love You / Skylark (1951, Shellac ...

The CLovers 「Don’t You Know I Love You 」

アトランティック・レコード社長のアーメット・アーティガンの作曲です。

Amazon.co.jp | アトランティック・レコード:60年の軌跡 [DVD] DVD ...

クローバーズはワシントンDCのグループですが、ニュー・ヨークには50年に活動拠点を移していました。

ワシントンDCと、ワシントンDCの大学を知ろう | アメリカの50州を知るワシントンDCのプライベート半日観光ツアー 2020

アトランティック・レコードのコーラス・グループの基本となったのが、このクローバーズでした。次はシカゴの大御所、ムーン・グロウズ。

Sincerely-The Moonglows-KKBOXThe Moonglows - Sincerely / Tempting (Vinyl) | Discogs

The Moonglows 「Sincerely 」

54年のナンバー・ワン・ヒット、シンシアリーでした。結成は52年、それから何枚かレコードを出しましたが、54年にチェス・レコードに移籍して、そこで初めてヒットと、そしてナンバー・ワンになったのが、このシンシアリーでした。1年遅れの結成だったフラミンゴーズも、55年に同じくチェス・レコードに移籍してきてヒットを飛ばしました。

Amazon Music - The FlamingosのI'll Be Home - Amazon.co.jpThe Flamingos - Need Your Love / I'll Be Home (1955, Shellac ...

The Flamingos – I’ll be Home

56年、5位のヒット曲、アイル・ビー・ホームでした。まあ、パット・ブーンの方が売れてしまったわけですけども、この時点ではチェス・レコードは、フラミンゴーズとムーン・グロウズが2枚看板となっていました。

Amazon | I'll Be Home | Pat Boone | イージーリスニング | 音楽I'll Be Home / Tutti' Frutti by Pat Boone (Single, Traditional Pop ...

この二つのグループは、チェス・レコードに来る前は、同じシカゴのチャンス・レコードにいたんですね。で、その会社にいたグループは、ザ・スパニエルス。

The Spaniels - Baby, It's You / Bounce (1953, Shellac) | DiscogsBaby It's You Lyrics - The Spaniels - Only on JioSaavn

The Spaniels 「Baby It’s You 」

ベイビー・イッツ・ユー、スパニエルスでした。スパニエルスはインディアナ州ゲイリーの出身なんですね。

インディアナ州ゲイリーエアショー その1 | 『空に焦がれて』

インディアナ州・ゲイリーといいますとジャクソン5の故郷として有名ですが、ジャクソン5の先輩が、このスパニエルスだったわけです。

The Jackson 5 - The Best Of Jackson 5 (1999, CD) | Discogs

で、ゲイリーの街にビビアンとジェームスという夫婦がいまして、レコード店を経営しておりました。で、53年に会社を作って、それがVJレコードVee-Jay Recordsです。

Vee Jay Records レーベル | リリース | Discogs

ビビアンとジェームス Vivian Carter and James C. Brackenですね。

James Bracken | ディスコグラフィー | Discogs

このVJレコードが先ほどのチャンスレコードを吸収合併して、大勢のアーティストがBJに移籍しました。このスパニエルスもVJに移籍してヒットを飛ばします。

The Spaniels - Goodnight Sweetheart, Goodnight (1993, CD) | DiscogsSpaniels* - Goodnight Sweetheart, Goodnight / You Don't Move Me ...

The Spaniels「Goodnight, Sweetheart, Goodnight 」

54年5位のヒットとなった、グッナイト・スイートハーツでした。

続いて同じくVJレコードの、エル・ドラドースのアット・マイ・フロント・ドア

The El Dorados - At My Front Door (1997, CD) | DiscogsThe El Dorados - At My Front Door / What's Buggin' You Baby (1955 ...

The El Dorados 「At My Front Door 」

アット・マイ・フロント・ドア、55年、これはナンバー・ワンになりました。このようにヒットの連発で、VJレコードはシカゴのR&B界では、チェスに次ぐレーベルに成長していったのでありました。同じくインディアナ州はインディアナポリスの出身はザ・カウンツ。

インディアナ州はどこにあるか知っていますか? | Be free from yourself.テーラーメイド】インディアナポリス5泊7日・アメリカ旅行モデルプラン ...

54年に発表されてました、ダーリン・ディア

The Counts (1) - doo-wopThe Counts - Darling Dear / I Need You Always (1954, Vinyl) | Discogs

The Counts 「Darling Dear 」

このパー・パー・パーっていうのはスペクターが頂いてましたねえ。

さて、話をニュー・ヨークに戻します。

Amazon | Gee | Crows | R&B | 音楽The Crows - Gee / I Love You So (1953, Vinyl) | Discogs

Gee / the Crows

このジーのヒットのクロウズ、そしてシュ・ブームのコーズ、そしてフランキー・ライモンとティーネイジャーズと、すべてニューヨークのグループなんですね。で、50年代ニューヨークでは、このヒットで空前のコーラス・グループ・ブームが起きたんです。で、たくさんの小さなレコード会社ができました。その中から、いくつか紹介していこうと思います。モンテ・ブルースが作ったブルース・レコード、ここからデビューしたのが、ハープ・トーンズでした。

The Harptones - A Sunday Kind Of Love (1994, CD) | DiscogsThe Harp-Tones* - Sunday Kind Of Love / I'll Never Tell (Vinyl ...

The Harp Tones 「Sunday Kind of Love 」

53年に発表された、サンデー・カインド・オブ・ラブ、スタンダード・ナンバーのカバーですが、このグループも、ニューヨーク・ハーレム出身で、選曲も良く、実力もある素晴らしいグループでした。

1940-1959 | #BlackNYers1960's Harlem Lanes 125th st. looking West | Nyc history, Vintage ...

当時はこのようなグループがハーレム近辺にたくさんいて、彼らは公園を練習場所にしていたんですね。で、このハープトーンズが練習しに来ると、それまで練習していたほかのグループがこそこそと逃げ出すというくらいに、非常にうまいグループでした。ただ、会社の宣伝力の問題もあって、ヒットした曲が無いんです。チャートには入らなかったんです。ニューヨークで最初に黒人専門のビジネスを始めたと言われるのがボビー・ロビンソンBobby Robinson。

Bobby Robinson (record producer) - Wikipedia

アポロ劇場の近くて46年からレコード店を経営していました。そして、50年代にレコード会社を作って、そこから出たグループが、メロー・ムーズ。

Where Are You (Now That I Need You) by The Mello-Moods on SpotifyMELLO MOODS -WHERE ARE YOU (NOW THAT I NEED YOU).wmv - YouTube

The Mello-Moods 「Where Are You-Now That I Need You 」

51年に発表された、フェア―・アー・ユー。彼らは12歳から16歳までの5人組で、これがニューヨークにおける最初のティーネイジャーのグループだったと言われています。確かに声が若いですよね。この同じレーベルの、スカーレッツの曲を聞いていましょう。

The Scarlets - doo-wopThe Scarlets - Dear One / I've Lost | Releases | Discogs

The Scarlets 「Dear One 」

54年のスカーレッツ、ディア・ワンでした。ニール・セダカはこれは聞いていたんでしょうね。で、このスカーレッツはコネティカット州のニュー・ヘイブン出身で、この曲を書いたのがリーダーのフレッド・パリス、このパリスが次に作った曲がファイブ・サテンズ。

コネチカット州地図 - 旅行のとも、ZenTech

The Five Satins 「In The Still Of The Night 」

The Five Satins - In The Still Of The Night Featuring Fred Parris ...The Five Satins - In The Still Of The Nite / The Jones Girl (1956 ...

56年、3位となる大ヒット、イン・ザ・スティル・オブ・ザ・ナイト、これはバック・コーラスのシュルン・シュ・ビ・ドゥていうのが印象的でしたね。で、このシュルン・シュ・ビ・ドゥですけども、これのヒントとなったのが、前年、55年に出ていた、ロンリー・ナイツでした。

The Hearts - Lonely Nights (CD) | Discogs45cat - The Hearts [New York] - Lonely Nights / Oo-Wee - Baton ...

The Hearts 「Lonely Nights 」

このサックスのフレーズですね、これをパリスが、シュルン・シュ・ビ・ドゥていう風にコーラスにしたわけですね。作者のパリス本人も、このロンリー・ナイツが頭に合ったんだろうと語っています。で、ハーツはニューヨーク、ブロンクスの出身です。

ブロンクス旅行 | ヒップホップの歴史

歌を聞いていますと女性グループに聞こえますが、ピアノの担当がなんと男性だったので、男女混淆のグループに分類されています。女性ドゥー・ワップに関しては、また別のコーナーでお話しします。

ザ・ハーツの曲はニューヨークの曲はニューヨークのバトン・レコードから発売されていました。バトン・レコードの最初のヒット曲は、リビリアーズ。

The Rivileers Albums: songs, discography, biography, and listening ...Marv Goldberg's R&B Notebooks - RIVILEERS

THE RIVILEERS – “A THOUSAND STARS”

53年のリリース、リード・ボーカルのユージーン・ピアスEugene Pearsonの作曲によります、サウザンド・スターズでした。後にキャシー・ヤングで大ヒットしましたね。

Kathy Young & The Innocents - A Thousand Stars (1998, CD) | DiscogsKathy Young With The Innocents - A Thousand Stars / Eddie My ...

Kathy Young & The Innocents「A Thousand Star 」

このリビリアーズは、クイーンズのジャマイカ地区で結成されたグループです。

他民族区クイーンズに住んで : ニューヨークから愛をこめて

このようにニューヨークでは、マンハッタンだけでなく、ブロンクス、ブルックリン、そしてクイーンズと各地区にたくさんのグループがおりました。このクイーンズ、ジャマイカ出身といえば、ハート・ビーツもそうでした。

The Heartbeats - A Thousand Miles Away by The Heartbeats (2005-07 ...A Thousand Miles Away / Oh Baby Don't | Discogs

Heartbeats 「A Thousand Miles Away 」

56年のリリース、5位まで上がった、ア・サウザン・マイルズ・アウェイでした。クイーンズのジャマイカ地区のグループは、サウス・ジャマイカ・プロジェクトという風に呼ばれておりまして、たくさんのグループがいました。クレフトーンズもこの地区出身でした。

Amazon | Little Girl of Mine | Cleftones | R&B | 音楽The Cleftones - Little Girl Of Mine / Lover Boy (Vinyl) | Discogs

The Cleftones – Little Girl Of Mine

 

カモン・レッツ・ターキー・トロットCome on let’s turkey trot(Little Eva)ですね、これ。リトル・ガール・オブ・マインでした。56年、8位となるヒットで、キャロル・キングさんもこの曲を頂いておりました。

Little Eva - Let's Turkey Trot (1963, Juke box, Vinyl) | DiscogsLittle Eva - Let's Turkey Trot - YouTube

Little Eva 「Let’s Turkey Trot 」

クイーンズのお隣、ブルックリンに目を転じますと、これまたたくさんグループがおりました。

話題のエリア「ブルックリン」ってニューヨークのどこにあるの?

まずはその中から。フォア・フェローズ。

The Four Fellows - Soldier Boy - YouTubeThe Four Fellows - Soldier Boy / Take Me Back, Baby | Discogs

THE FOUR FELLOWS – ”SOLDIER BOY”

55年リリースのソールジャー・ボーイでした。グループのメンバーの一人が朝鮮戦争に行った時の体験をもとにして作った曲です。これはエルビスが軍隊から復帰したアルバム、エルビス・イズ・バックの中で、ソールジャー・ボーイと歌っていましたね。

Elvis* - Soldier Boy Is Back (Elvis First Post-Army Sessions March ...ファイル:Elvis Presley in Germany.jpg - Wikipedia

Elvis – Soldier Boy

続きまして、ブルックリン出身のグループはデュポンツ。

Little Anthony" Guardine And The Duponts* - You (1958, Vinyl ...

Little Anthony & The Duponts  You

 

このデュポンツのリード・ボーカルがアンソニー・グールダインJerome Anthony “Little Anthony” Gourdine、彼がリトル・アンソニーとなって作ったグループがインペリアルズでした。

Little Anthony & The Imperials - Tears on My Pillow & Shimmy ...Little Anthony And The Imperials* - Tears On My Pillow / Two ...

Little Anthony & The Imperials 「Tears On My Pillow 」

58年2位の大ヒット曲、ティアーズ・オン・マイ・ピローでした。まだまだブルックリンのグループが続きます。ザ・チップスのラバー・ビスケット。

Rubber Biscuit もしくはブルースブラザーズ特集#21 (1956. The Chips ...The Chips - Rubber Biscuit | リリース | Discogs

The Chips 「Rubber Biscuit 」

えー、呪文でも言っているような、このような面白いサウンドのノベルティーの楽曲も登場してきたのも、55年前後の特徴でした。ニューヨークにおけるノブルティー・ドゥーワップの原点となったのは、キャデラックスのスピドゥーでした。

CADILLACS - Speedoo - Amazon.com MusicThe Cadillacs – Speedoo Lyrics | Genius Lyrics

The Cadillacs 「Speedo 」

55年のキャデラックス、スピドゥーでした。3位となる大ヒットでしたね。このジャンルはすぐに西海岸からコースターズがやって来まして、彼らに取られた格好になりましたけれども、次もキャデラックスのナンバーなんですけども、とあるミュージシャンによって日本にも紹介されてますので、耳馴染みになっているものと思われます。

楽天市場】cadillacs/zoomの通販The Cadillacs - Zoom (1956, Vinyl) | Discogs

The Cadillacs「Zoom 」

このようなドゥビドゥビダンダンていうのは、コーラスのフレーズを、私は日本のお囃子言葉という風に例えたんですけどもね。いろんな言葉、音の組み合わせ、バラエティー度が増してきたのが55年前後のコーラスグループの特徴でした。日本のサンドウィッチマンを歌った珍しい曲っていうのも、まあ、鶴田浩二さんじゃなくて、アイ・アム・ザ・ジャパニーズ・サンドマン、と歌っていたのは、マンハッタン出身のセローズでした。

The Cellos - "Rang Tang Ding Dong" (Vinyl) | Discogs45cat - The Cellos - Rang Tang Ding Dong (I Am The Japanese ...

The Cellos 「Rang Tang Ding Dong-I Am The Japanese Sandman 」

正式にはラン・タン・ディン・ドンという曲なんですけど、奇妙な声を出してエコー処理をするというのは画期的なアイデアでしたね。このまた、お囃子言葉をメインにしたサウンドというのはこの辺から段々増えてきまして、この後エドセルズが、この流れを受け継いで作ったのが、ラマ・ラマ・ディン・ドンでした。

Amazon | Rama Lama Ding Dong | Edsels | ポップス | 音楽The Edsels - Rama Lama Ding Dong / Bells (1961, Vinyl) | Discogs

The Edsels 「Rama Lama Ding Dong 」

このタイプが60年代ポップスの基調となって、更に発展を遂げていきました。50年も中期になりますと、いよいよボストンからもグループが登場してきます。ジー・クレフスのカ・ディン・ドン。

Amazon | Ka-Ding-Dong | G-Clefs | クラシックソウル | 音楽The G-Clefs - Ka-Ding Dong / Darla, My Darlin' (1956, Vinyl) | Discogs

The G-Clefs 「Ka-Ding Dong 」

カ・ディン・ドン、56年、R&B9位、ポップでも24位のヒットで、ボストン出身のグループとしては最初にナショナル・チャートに入ったグループだと言われています。当の解説には、ギターを弾いているのはフレディー・キャノンだと書いてありますが、メンバー達は否定しています。続いては、ピッツ・バーグのグループ、デル・バイキングス。

45cat - The Dell-Vikings - Come Go With Us - Dot - USAThe Dell Vikings* - Come Go With Me (1964, Vinyl) | Discogs

The Dell Vikings 「Come Go With Me 」

57年R&B2位、ポップ4位と大ヒットしました、デル・バイキングスのカム・ゴウ・ウィズ・ミーでした。ピッツ・バーグの小さなレコード会社から発売されていたのをドット・レコードが買い取って、全米にヒットしました。このグループは4人組ですけれども、白人1人が入っているという混交グループでした。このデル・バイキングスでようやく白人が登場しましたが、本日は、ここまでかけた曲は、すべて黒人グループによるものでした。しかし、54年のクリュー・カッツThe Crew-Cuts、シュ・ブームSh-Boomが1位。

1954 Mercury Records The Crew-Cuts Sh-Boom-Life Could Be A Dream ...A:SH BOOM / THE CREW CUTSB:I SPOKE TOO SOON / THE CREW CUTS ...

それからドゥー・ワップの白人カバーが大ヒットしまして、その流れにブルックリンのこのグループが登場したんです。

Neil Sedaka With The Tokens - OLD HAT GEARTOKENS (NEIL SEDAKA) - I Love My Baby / While I Dream (Orig ...

Neil Sedaka & Tokens – I Love My Baby

Neil Sedaka & Tokens 「While I Dream 」

While I Dream - Tokens - YouTubeNeil Sedaka and The Tokens - While I Dream (1956) - YouTube

ニール・セダカとトーケンズですね。セダカの初ヒットもドゥーワップ調のザ・ダイアリーでした。しかし、セダカは、これはヒットはしなかったんですね。で、セダカよりも前に白人グループが登場してきました。ブロンクスのベルモント・アベニューから登場したこのグループが、ホワイト・ドゥーワップの幕を切って落としました。

Amazon Music - Dion & The BelmontsのI Wonder Why - Amazon.co.jpDion and The Belmonts I Wonder Why | Daily Doo Wop

Dion & The Belmonts「I Wonder Why 」

58年のディオン・アンド・ベルモンツのアイ・ワンダー・ホワイ、チャートは22位でしたが、リード・ボーカルのディオンは、ニューヨークの音楽ファンのアイドルとなって、翌59年、このヒットが決定打となりました。

Amazon | Best of Teenager in Love | Dion & Belmonts | ポップス | 音楽DION & THE BELMONTS - A Teenager In Love (Re) – Time Bomb Records

Dion & The Belmonts「A Teenager In Love」

56年のフランキー・ライモンとティーネージャーズから、58年のディオン、ティーンネイジャー・イン・ラブと、ドゥー・ワップもティーネイジャーの音楽となりました。ブルックリン育ちのキャロル・キングは、「エルビスには影響は受けなかったけど、リズム・アンド・ブルースやコーラス・グループを好んで聞いていた」と発言しています。

Carole King(キャロル・キング)初期シングル&デモ・トラック集『It ...

彼女のようなニューヨーク育ちの音楽家が中心となったのが60年代ポップス。ドゥーワップは60年代ポップスの原点ということで、駆け足でたくさんの曲を聞いていただきました。それではまた明晩。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です