アメリカ・ポップス1958-6

プレスリーが入隊した後の座を狙っているシンガーはたくさんいます。ティーン・エージャー・ロッカビリー派ではいずれも自作の曲で1957年後半にヒット・パレードのベスト・ワンにそのレコードを送った「ユー・センド・ミー」のサム・クック(キーン)、「ダイアナ」のポール・アンカ(ABCパラマウント)、ウェスタン畑から名乗り挙げてピアノを弾きながら強烈にロカびる「ホール・ロット・シェーキン・ゴーイン・オン」、「グレート・ボール・オブ・ファイア」のジェリー・リー・ルイス辺りもプレスリーの王座の空席を狙う候補に挙げられましょう。

Sam Cooke You send me Original

ダイアナ ポール・アンカ

Jerry Lee Lewis – Whole Lotta Shakin’ Goin’ On (Steve Allen Show – 1957)

Jerry Lee Lewis – Great Balls Of Fire (Saturday Night Beechbut Show Feb 14, 1958)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です