アメリカン・ポップス1957-13

1957年当時の寸評です。

トゥー・マッチ

飛ぶ鳥を落としたプレスリーも、ようやくカリプソにチャートから押し出された感じ。この曲もアメリカでは上位にあるが、何か迫力に欠ける感じ。

Elvis Presley – Too Much

シンコ・ロブレス

素朴な感じの静かなワルツだが山がないので日本ではどうか?

シンコ・ロブレスとは、「五本の樫」「ファイブ・オークス」という意味。

Cinco Robles (Five Oaks) (1956) – Russell Arms

ジョニー・レイ お気に召すまま

「雨に唄えば」で当てた例の完全な二番煎じ。メロディーが「雨」程よくないと思う。裏のカリプソ「マリアンヌ」(唄 テリー・ギルキーソン)の方が流行りそうだ。

Johnnie Ray You Don’t Owe Me A Thing

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です