アメリカン・ポップス1957-10

映画「女はそれを我慢出来ない」の続編です。

ファッツ・ドミノのブルー・マンディー

ドミノは、ニュー・オーリンズの出身で、1954年ロサンゼルスのリグリー・フィールドのジャズ祭でルイ・アームストロングの推奨を受けた。ノーフォークの放送局「カントリー・ショータイム」に出演して、爆発的人気を得た。

Fats Domino  Blue Monday

テンポス・テムポTEMPO’S TEMPO は、ロス・アンジェルス出身の若者ニノ・テンポ NINO TEMPOが歌っています。彼は8歳の時・グレン・ミラーのバンドで歌ったことがあり、幼少は映画の子役、その後はコンボを作って活躍しました。この曲は自作です。

「もう泣かないよ」I AIN’T GONNA CRY NO MORE、「愛の憧憬」MY IDEA OF LOVE は、19歳のジョニー・オレン JOHNNY OLENNが歌っています。テキサスのサン・アントニオ出身のジョニーは、ラスベガスでも歌い、ニューヨーク、シカゴでホット・リズムコンボを率いて評判でした。

johnny olenn I Ain’t Gonna Cry No More

「20フライト・ロック」はオクラホマ市生まれの18歳のエディ・コクランが歌います。彼はガット弦(羊の腸線)ギターの名手です。

Eddie Cochran – Twenty Flight Rock

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です