アメリカン・ポップス1957-9

映画「女はそれを我慢出来ない」の続編です。

「クライ・ミー・ア・リバー」は、この映画中唯一のバラードで、女優でもあるジュリー・ロンドンです。

JULIE LONDON – CRY ME A RIVER

ロック・アラウンド・ザ・クロックに似ていますが、少し違います。珍しい78回転レコードです。レイ・アンソニー楽団の演奏で、マンスフィールドとオブライエンがすれぞれ物凄い演奏をします。

ROCK AROUND THE ROCK PILE RAY ANTHONY & HIS BAND 1956 CAPITOL 78rpm

プラターズはテナーのトニー・ウィリアムスを中心に第二テナーがデビッド・リンチ、バリトンがパウル・ロビー、ベースがハーバート・リード、紅一点がゾラ・テイラーです。

The Platters – You’ll Never, Never Know (The Girl Can’t Help It, 1956)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です