アメリカン・ポップス1957-8

映画「女はそれを我慢出来ない」は、ロックンロールの音楽がふんだんに入っています。音楽担当は、ライオネル・ニューマンです。

次の3曲は、ビルボード・トリプル・クラウン賞、キャシュ・ボックス・リズム・アンド・ブルース賞に輝く21歳のリトル・リチャードの歌です。

彼は、ジョージア州メイコン出身で、1955年「トゥッティ・フルッティ」で400万枚のレコードを売りました。

The Girl Can’t Help It – Little Richard

Little Richard – Reddy Teddy

The Girl Can’t Help It (1956) – Little Richard – She’s Got It

エディー・フォンテインは、ニュー・ジャージーの旅周りからスタートして酒場で歌うようになりました。

eddie fontaine-cool It baby

<続く>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です