アメリカン・ポップス1957-7

ジーン・ケリーの「雨に唄えば」(1952年のミュージカル映画)と似た題名の曲に「雨に歩けば」というジョニー・レイの曲があります。

作詞作曲は、ジョニー・ブラッグとロバート・ウィリーのチームです。

Just walking in the rain 雨の中を歩いていいる
Getting soaking wet  びしょ濡れになって
Torturing my heart  私の思いを無理にでも
By trying to forget  忘れようとして

Just walking in the rain 雨の中を歩いてる
So alone and blue  一人ぼっちで気も暗く
All because my heart それも私の思い故
Still remembers you  あなたを忘れられない

People come to windows 人々は窓にやって来て
They always stare at me 私を見つめては
Shaking their heads in sorrow 首をかしげてる
Saying, who can that fool be なんというバカかしらと言いながら

Just walking in the rain 雨の中を歩いてる
Thinking how we met 二人のなれそめを思い出し
Knowing things could change 浮世のこととは知りながら
Somehow I can’t forget  どうしても忘れられない

[Instrumental Interlude]

(Just walking in the rain)
(Walking in the rain)
(Walking in the rain)
(Just walking in the rain)
(All day I ….)

People come to their windows 人々は窓にやって来て
They always stare at me   私を見つめては
Their shaking their heads in sorrow 首をかしげてる
Saying, who can that fool be なんというバカかしらと言いながら
(Now who can he be)

Just walking in the rain
(Walking in the rain)
Thinking how we met
(Walking in the rain)
Knowing things could change
(Walking in the rain)
Somehow I can’t forget
(Walking in the rain ….)

(日本語訳はミュージックライフより)

Singin’ in the Rain (雨に唄えば )

ジョニー・レイ 雨に歩けば 1957 / Just Walking In The Rain

「デビー・クロケットの歌」Ballad of Davy-Crockett

この曲は、2018年春から夏にかけてヒットした曲でウォルト・ディズニーのテレビ番組「デビー・クロケットの歌」の主題曲でした。作詞作曲は、トム・ブラクバーンとジョージ・ブランスで、クロケットの生い立ちから、生涯の出来事を物語ってゆきます。

Bill Hayes – Ballad of Davy Crockett

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です