アメリカン・ポップス1956-2

1956年、昭和31年にどんな洋楽が日本で流行っていたのでしょうか。文化放送のユア・ヒット・パレードのベスト10を見ましょう。この番組は映画音楽が中心の番組です。

1位「エデンの東、East of Eden」ビクター・ヤング Victor Young

「エデンの東」は1955年の作品で、主役のジェームス・ディーンは同年9月30日に交通事故で亡くなりました。ディーンは日本で人気があったので、それ以来2年間にわたって「エデンの東」の主題歌がユア・ヒット・パレードの1位に居続け、4年間ベスト10にいました。

2位 ケ・セラ・セラ- ドリス・デイ

1956年のヒッチコック監督の映画『知りすぎていた男』の主題歌で、主演女優で歌手でもあるドリス・デイが歌いました。

3位 フル・フルFrou-Frou ダニー・ロバンDany Robin  

ダニー・ロバンのバージョンが無いので、リーヌ・ルノーの曲で。

Frou Frou Line Renaud

4位 さらばジェームスディーン ダイアン・トッド

曲が無いので、代わりに理由なき反抗を載せます。

James Dean / Rebel Without a Cause 理由なき反抗 / ジェームズ・ディーン

5位 黄金の腕 ビリイ・メイ

この曲も見つけられませんでした。カウント・ベーシー版を載せます。

Count Basie & His Orchestra – Goldfinger

<6位~10位は次回>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です