Malt Shop Cruise 2018-11

モルトショップの4日目のメインステージは、ポール・アンカです。ポールはいつも、ステージからではなく、後ろの通路から登場します。

ほかのアーティストは、クルーズの間ずっと同乗するのですが、ポールはサンファンで乗船して、コンサートが終わると、そこで下船してしまいます。

何度も通路に降りてきます。1941年生まれの77歳ですが、相変わらず元気です。「歌は仕事でなく、情熱だ」という発言通りです。

1957年7月2日に、「ダイアナ」をリリースしたときは、まだ15歳でした。

Paul Anka のデビュー曲は、1956年の I confess です。

クロード・フランソワのシャンソンの詩を変えて、フランク・シナトラのために作詞した「マイ・ウェイ」が有名です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です