1956Apr-1-5

1956年の4月第1週のヒットチャートです。

1位  THE POOR PEOPLE OF PARIS /    Les Baxter & Orchestra

レス・バクスターとそのオーケストラの「パリの可哀そうな人々」の元の歌は、エディット・ピアフの”The Ballad of Poor John”(可哀そうなジャン)です。

2位  WHY DO FOOLS FALL IN LOVE /    Teenagers /    Gale Storm /    Diamonds

フランキー・ライモンとティーンエイジャーズはニューヨーク市のグループです。

3位  LISBON ANTIGUA /    Nelson Riddle & Orchestra

「懐かしのリスボン」は、1937年に作られ、ポルトガルで流行っていました。ナットキングコールのマネージャーが、ネルソン・リドルに紹介しました。

4位  BLUE SUEDE SHOES /    Carl Perkins

カール・パーキンスは、メンフィスのサン・スタディオで録音しました。

5位  I’LL BE HOME /    Pat Boone /    Flamingos

アイル・ビー・ホームは、チェス・レコードの子会社チェス・レコードで、フラミンゴスがヒットさせました。

カテゴリー1956

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です