ロックンロールの歴史 イギリスⅢー6

次のビートルズの課題は「レコーディング・テスト」、つまり1月1日にロンドンのデッカDeccaで実施される、録音するセッションだった。

The Beatles – The Decca Audition (1962) / ザ・ビートルズ:ザ・デッカ・テープ – Amadeusrecord's Blog Cloud

これはオーディションではなく、マイク・スミスMike Smithはキャバーンで彼らを見て、その有能さに着目したが、今度はスタディオで持ちこたえられるかどうかを見る必要があった。

Died On This Date (December 3, 2011) Mike Smith / Famously Turned Down The Beatles The Music's Over

ビートルズはざっと15曲演奏したが、そこには、チャック・ベリーChuck Berry(メンフィスMemphis)、ショーの楽曲(ティル・ゼア・ワズ・ユーTil There Was You)、ダサくて年寄りの好きな曲(べサメ・ムーチョBesame Mucho)、そしてレノン・マッカートニーLennon-McCartneyの楽曲3曲(ラブ・オブ・ザ・ラブLove of the Loveなど)もあった。

BEATLES カラービニルシングル盤 MEMPHIS/LOVE OF THE LOVED ブート ポールマッカートニー ジョンレノン Collect'em all!B4SL1229 の落札情報詳細| ヤフオク落札価格情報 オークフリー・スマートフォン版The Beatles – Till There Was You (1964, Vinyl) - Discogsベサメ・ムーチョ列伝(3) 非公式 ― ビートルズ: 部屋とバナナと私The Beatles – Love Of The Loved (Vinyl) - Discogs

ジョン・レノンJohn Lennonは後にこの時に録音したテープを、「ひでえ」と評した。スミスはビートルズにお礼を言い、デッカはいろいろと手間取るから、何らかの決定が出るまで少なくとも3週間かかるだろうと言った。リバプールに戻ってくると、最新号のマージー・ビートMersey Beatの見出しに、『ビートルズ人気投票第1位』とあった。

Beatles - A Copy of Mersey Beat Vol. 1, No. 13 (UK, 1962). One of | Lot #89295 | Heritage Auctions

競争相手を打ち負かし、紙面にメンバーの名前を正しく綴っていた。(それでもポールはダメで、今度はMcartreyとなっていた。)翌日、ポリグラムPolygramは「マイ・ボニーMy Bonnie」をリリースしたが、業界紙、ファンの論評ともに良かったが、かすりもしなかった。

The Beatles – My Bonnie (1985, Vinyl) - Discogs

ブライアンはお店用に大量のレコードを注文したが、そのレコードを欲しがるリバプールの大体の人は、最初に入ってきたとき、ドイツでプレスした盤を買うので、ブライアンの注文したものは売れずに奥に置いたままになった。まあ、小売業ってのはそんなもんだ。ブライアンは弁護士達の用意したマネージメント契約書をまだ持っていた、1月24日、彼らは署名して(というより、署名した者もいたが、ブライアンがなぜか署名しなかった)、ブライアンを1967年までマネージャーに指名した。

ビートルズがブライアン・エプスタインと交わした初の契約書が34万3,000ドルで落札 | NEWS | MUSIC LIFE CLUB

ブライアンは15%を受け取ることになった。次に遂行すべき仕事は、BBCのラジオ演奏オーディションに申し込むことで、その申込書はマンチェスターの地域事務所に送られ、その返信を受け取り、2月8日に出演することになった。

To Know Her Is to Love Her ( Live at the BBC ) | Wild Eyed Boy From Freecloud

ブライアンがデッカとの昼食にロンドンへ呼ばれ、物事は順調に進んだ。

しかし、ブライアンが考えたり望んだものではなかった。彼の自伝によると、A&R部門長のディック・ローDick Roweは、「率直に言って、エプスタインさん、私たちはあなたのグループのサウンドは好きでない。ギタリストのグループは廃れかけれている。」

Dick Rowe | ディスコグラフィー | DiscogsBrian Epstein: the tortured secret life of the fifth Beatle | Culture | The Sunday Times

別の幹部が言った。「この子たちは売れないよ、エプスタインさん。私たちはわかるんだ。あなたはリバプールで良いレコードビジネスをしているんだから、それに専念した方が良い。」ローは後になって、この引用発言は自分のものでないと異論を唱えたが、イギリスで「ギター・グループ」と言えばシャドーズthe Shadowsしかいなかったのだからなおさらだ。

The Shadows – Meeting With The Shadows (1962, Vinyl) - Discogs

シャドーズはよくやっていた。本当に。本当の理由は、デッカはビートルズともう一つのグループのブライアン・プールとトレミロズBraian Poole and the Tremilosのどちらかを選ぼうとしていて、ローはマイク・スミスに後者を選ぶように圧力をかけていたのだが、その理由は、グループ自身のレコードをレコーディングするだけでなく、歌手がロックのバックを必要としたときのために、ハウス・バンドとして手元に置いておくためだった。

Amazon | The Very Best of Brian Poole & Tremeloes | Tremeloes | イージーリスニング | ミュージック

ブライアンは、怒ってこっそり帰宅した。少なくともBBCは関心を持ったので、ビートルズはマンチェスターに向かい、そこで自分たちの能力の程度を示し、放送してもらえることになって(少なくともビートルズには「ロックっぽい」というのではなく、「音楽を演奏しようという意図があった。」とオーディションをした人が言っている)、翌日全国放送する番組を録音する日付を3月7日と伝えられた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。