ロックンロールの歴史 1962年 6

事実、カントリー・ソウルのちょっとした動きはすでに南部では起こりつつあった。上記のように、ウィリアム・ベルWilliam Bellの「ユー・ドント・ミス・ユア・ウォーターYou Don’t Miss Your Water」はすでにスタックスStaxから発売されていて(売れなかったが)、ドットは1月にアーサー・アレクサンダーArthur Alexanderのシングル「ユードゥ・ベター・ムーブ・オンYou’d Better Move On」をリリースした。

You Don't Miss Your Water : William Bell | HMV&BOOKS online - VNL18727スタックス・レコードのレジェンドたち:ディーニー・パーカー

You Better Move On - Amazon.co.jp

それはアラバマ州フローレンス(サム・フィリップスの故郷)の白人連中の合作で、何かレコーディングしたいと思ってカントリーとロックっぽいものに手を出したのだが、そのうち二人が、リック・ホールRick Halとビリー・シュリルBilly Sherrillで、フローレンスの商業地区のドラッグ・ストアの上にスタディオを構えたのだった。

Amazon | The Man from Muscle Shoals: My Journey from Shame to Fame | Hall, Rick, Guralnick, Peter | BusinessRemembering Billy Sherrill (1936-2015) - playlist by Legacy Recordings | Spotify

アレクサンダーは地元のホリデー・インでベルボーイをし、この連中の何人かと歌を共作していて、1960年に「サリー・スー・ブラウンSally Sue Brown」という曲を、メンフィスにあるジャド・フィリップスJud PhillipsのジャドJuddレーベルでレコーディングした。

Sally Sue Brown / The Girl That Radiates That Charm | Discogs

1961年夏、ダン・ペンとポールベアラーズとポールベアラーズDan Penn and the Pallbearersをバックに、アレクサンダーは「ユードゥ・ベター・ムーブ・オンYou’d Better Move On」をレコードにして、リック・ホールが発売してくれる人を見つけようとナッシュビルに持っていった。

Dan Penn and the Pallbearers | Encyclopedia of Alabama

ナッシュビルはカントリーにとっては黒人色が強すぎたので、話を持ち掛ける価値のある黒人レーベルはなかった(エクセロ・レコードExcello recordsはまだブルースしかやっていなかった)が、だしぬけにドット・レコードDot recordsの男がこれに賭けてみたところ、ポップ・チャートで24位というマイルドなヒットにした。

Amazon Music - Various artistsのGems from Excello Records, Vol. 1 - Amazon.co.jpDot Records レーベル | リリース | Discogs

リック・ホールは、この取引で1万ドルを手にし、マッスル・ショールズに近い、町のすぐ外のかつてはたばこ倉庫だったところに建てたスタディオを完成させ、それをFAME、フローレンス・アラバマ・ミュージカル・エンタープライズィズFlorence Alabama Musical Enterprisesと名付けた。

□□ソウル・サーチン・アーカイヴ・シリーズ 014 ~ リック・ホールのソウル・サーチン□□|Soul Searcher|note

アレクサンダーは引き続きナッシュビルのドットでレコーディングをしていた(この年の後半に「アンナAnna」でマイルド・ヒットを出した)が、一方でリック・ホールRick Hallは音楽仲間のダン・ペンDan Pennが書いていた曲をレコ―ディンする他のタレントを探していた。

Arthur Alexander - Anna (Go to Him) (1962) : saizo38のブログ

アレクサンダーAlexanderはカントリーとリズム・アンド・ブルースにまたがる唯一の黒人シンガーではなく、ソロモン・バークSolomon Burkeはすでに古いカントリー・ソング「ジャスト・アウト・オブ・リーチJust Out of Reach」でヒットを出し、それに続く「クライ・トゥ・ミーCry to Me」はニューヨーク出身のユダヤ人、バート・バーンズBert Bernsが作ってプロデュースした曲だが、ほぼ妥当な仕上がりで(B面はアイボリー・ジョー・ハンターIvory Joe Hunterの「アイ・オールモスト・ロスト・マイ・マインドI Almost Lost My Mind」は初期の時代のカントリーとブルースのフュージョンの遺跡であり、次作はフォーク・ソングのロック調のリメイク、「ダウン・イン・ザ・バレーDown in the Valley」だった。それらのレコードは全部黒人にもよく買われた。

Just out of Reach - Compilation by Solomon Burke | SpotifySolomon Burke - Cry To Me / Roy Hamilton - Earthquake - OLD HAT GEAR

Hang On Sloopy -The Bert Berns Story Vol 3 | HMV&BOOKS online - CDCHD1418I ALMOST LOST MY MIND 1945 - 1950/IVORY JOE HUNTER/アイヴォリー・ジョー・ハンター |SOUL/BLUES/GOSPEL|ディスクユニオン・オンラインショップ|diskunion.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。