ロックンロールの歴史 1961年 19

1959年、カリフォルニア州バルボア半島にあるアイス・クリーム・パーラーは、野心にあふれた若きギタリストで、演奏のために急いでかき集めたバンドのための場所を探しているディック・デールDick Daleに賭けてみた。

Dick Dale / Very Best Of Dick Dale (輸入盤CD) (ディック・デイル) 通販 LINEポイント最大1.0%GET  | LINEショッピング

デールは、ボストンの1937年リチャード・マンスールに生まれ、1954年、LAに家族ともども引っ越してきた。小さな子供のころから音楽の才能を大いに示し、親戚と一緒に伝統的レバノン音楽を演奏していた。カリフォルニアではカントリー・バンドでトランペットを吹いていたが、左利きにもかかわらず本当に弾きたかったのはギターで、そのため、楽器を上下逆さまに演奏する必要があった。息子の作品を販売するためにデルトーン・レコードDeltone Recordsを設立した父親の援助があって、デールはヒューズ・エアクラフトHughes Aircraftの仕事を辞め、一日中音楽に打ち込み始めた。

Deltone Records レーベル | リリース | DiscogsHoward Hughes」のアイデア 17 件 | 軍事, 飛行機, 空軍

ディック・デールとデルトーンズDick Dale and the Deltonesの、アリスクリーム店での最初のコンサートにはたった数人の客しか現れなかったが、評判が増すに連れ観客も増え、ついにはデール親子が近くのランデブー・ボールルームRendezvous Ballroomとの契約交渉をしなければならなくなり、そこはビッグ・バンド時代の大洞窟のような遺物で空っぽになっていた。

Amazon Music - Dick Dale & The DeltonesのBanzai Pipeline - Amazon.co.jpOriginal Kenton band at Rendezvous Ballroom, Balboa Bay, CA] - UNT Digital  Library

1961年初期までに、デールのコンサートには一晩4000人を集客していた。

デールの生活は良いルーティンに入った。朝起きると特注のホビーHobieのボードでサーフィンをし、着替えて、バルボアに開いたミュージック・ショップに仕事に行き、午後はそこで過ごす。

HOBIE SURFBOARDS|ホビーサーフボード PHIL EDWARDS model 9'6 x 23 1/2'' x 3''  SHINGLEFIN フィルエドワーズ モデル ロングボード シングルフィン | サーフィン,サーフボード,ロングボード | ジャックオーシャンスポーツ

それから従業員に店を任せ、再びサーフィンに行き、ランデブーでの夜のショーの準備をする。ミュージック・ショップは現金を稼ぐのに役立つだけでなく、楽器や機器のメーカーとのパイプにもなっていて、特に、サンタ・アナにあるフェンダー・ギターズFender Guitarsのレオ・フェンダーLeo Fenderとは友人になった。

FENDER Made in Japan Hybrid '60s Stratocaster Rose 3-Color Sunburst 送料無料 |  Sound HouseLeo Fender : The Quiet Giant Heard Around the World by Randall Bell and  Phyllis Fender (Hardcover) for sale online | eBay

フェンダーはデールに耐久性と成長性をテストするプロトタイプをプレゼントし、デールは有名なフェンダー・ショーマンFender Showmanやデュアル・ショーマンDual Showmanのアンプのテストの責任を負ったが、このアンプはとりわけ以前のアンプよりも音が大きかった。

How to Bias a Fender Showman 1960s

1961年、フェンダーは最初のフェンダー・リバーブ・ユニットFender Reverb Unitを渡して、デールのサウンドが確定し、それがサーフ・ミュージックのサウンドになった。

Fender Vintage Reissue '63 Reverb Unit - エフェクター専門店【EffectorShop.com】

大きな、残響の効いた、ギターが主役の、デルトーンが弾く音楽を「サーフ・ミュージック」と呼んだのはデールの観客だとデールが断言している。サーファーたちはビーチからデールを知っていた評判を広め、彼の大部分が彼の観客で、彼らが音楽に合わせて踊ったダンスは、サーフ・ボードの上のアクションが洗練されていたのに対して、粗野だったので、サーファー・ストンプthe surfer stompと名付けた。デールの1961年の「レッツ・ゴー・トリッピンLet’s Go Trippin’」はしばしば最初のサーフ・レコードと呼ばれ、ストンプダンスの曲だが、当時の他の数多くのインストゥルメンタルのレコードとの違いはほとんどなく、長いサックスのソロはサーフ・ミュージックからは、はずれている感じだ。

Dick Dale - Let's Go Trippin' - OLD HAT GEAR

何とか全国ポップ・チャートで60位にたどり着き、次から次へとサーフ関連のインストゥルメンタルを生んだが、ほとんどは地方あるいは地域止まりのヒットだった。ディック・デールDick Daleの「ミザールーMiserlou」と「サーフ・ビートSurf Beat」、シャンティーズthe Chantaysの「パイプラインPipeline」、サファリーズthe Surfarisの「ワイプアウトWipe Out」。

Amazon Music - Dick DaleのMisirlou - Amazon.co.jpDick Dale/Surf Beat

The Chantays – Pipeline (Vinyl) - Discogs63年ザ・サーファリーズ全米第2位のインスト曲「ワイプアウト」 | 竜馬のオールディズ

何が『サーフ』インストゥルメンタルかどうかを聞き分ける唯一の方法は、たいていはタイトルになっている、波の効果音がある、楽しんでいるということで、要はトゥワンギー・ギターとストンプ・ビートだ。しかし、サーフ・ミュージックがしたことの一つは重要で、アメリカのロック・バンドの既定の楽器をソリッド・ボディのギターとベースに確定させたことで、ベンチャーズは重要なのだが、ワシントンから彼らだけではなしえなかった。アコースティックな音を増幅する代わりに、ギターが直接電気器具を利用して奏でる方法(そして、トレモロ・レバー、あるいは、ワミー・バー)に変えたことによって、次世代のロックンロールの基礎を築いたのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です