ロックンロールの歴史 1960年 16

もしエルビスが歌えば、どうやらロマンティックなバラードが売れるので、この年の締めくくりに最も不朽の作品の一つである「アー・ユー・ロンサム・トゥナイトAre You Lonesome To-Night?」を出した。

Amazon | Are You Lonesome Tonight? | Presley, Elvis | ポップス | ミュージック

これは、大佐の妻のお気に入りの曲で、初めて録音されたのは1926年で、曲の途中でセンチメンタルな語りが入っている。エルビスは自分のものにした。

年末が近づくにつれ、一つの時代が過ぎていく感覚が容易に分かり、ニューヨークのタイムズ・スクエア地下鉄駅のレコード店ではっきりした。アービング・スリム・ローズIrving Slim Roseは、廃盤になった古いシングルが一枚最高5ドルで売れること、そして、すべての種類の人たちがタイムズ・スクエア・レコードTimes Square Recordsを無名のオールディーズを見つける場所として発見しつつあることに気が付いた。

Marv Goldberg's R&B Notebooks - 5 SHARPSTimes Square Records by Jack Robinson

そこにはオールド・タウンOld Town レーベルのレコードがたくさんあるのだが、それはこのレーベルが古いレコードをいくらか貸していて(オールド・タウン・レーベルは最初のソウル・シンガーのビリー・ブランドBilly Blandが所属していて、「レット・ザ・リトル・ガール・ダンスLet the Little Girl Dance」はこの年のビッグ・ヒットになった。)、その中にはカプリスthe Caprisno 「ゼアリズ・ア・ムーン・アウト・トゥナイトThere’s a Moon Out Tonight」もあって、1959年にはヒットせず、1960年に二つの異なるレーベルで出た。

Old Town Records レーベル | リリース | Discogs芽瑠璃堂 > BILLY BLAND 『Let The Little Girl Dance - Old Town Records  (直輸入盤)』COLCD6066

There's a Moon out Tonight (2014... | The Capris | High Quality Music  Downloads | 7digital Norge

様々な契約が1961年に向けて発表され、これまでで最大のものはフランク・シナトラFrank SinatraがキャピトルCapitolを離れ(ここでレコーディングしたばかりのレコードはその名も「オール・マクドナルドOl’ McDonald」と言い、友人がシナトラに、なんでもレコーディングできヒットすると言ったので、そうしたがヒットしなかった。

Amazon | The Capitol Years 1953-62 | Frank Sinatra | ジャズヴォーカル | ミュージックFrank Sinatra – Ol' MacDonald / You'll Always Be The One I Love (1961,  Vinyl) - Discogs

シナトラは契約を打ち切った。)、ワーナー・ブラザースWarner Bros.と契約した。ワーナーは高額の制作契約はしなかったものの、リプリーズRepriseという名前のシナトラ自身のレーベルを提供し、このようなものを提供されたアーティストは初めてだった。

Reprise - Tealium

チップマンクスChipmunksは「ルドルフ 赤鼻のトナカイRudolph, the Red-Nosed Reindeer」をリリースし、アトランティックは別の美しい曲「スパニッシュ・ハーレムSpanish Harlem」を、今度はベンEキングBen E. King でリリースした。

The Beavers, The Chipmunks – Rudolph The Red-Nosed Reindeer (1966, Vinyl) -  DiscogsBen E. King – Spanish Harlem (1961, Vinyl) - Discogs

これはジェリー・リーバーJerry Leiberとフィル・スペクター Phil Spectorが作りプロデュースしたもので、B面はスペクターがドク・ポーマスDoc Pomusと一緒に作った「ファースト・テイスト・オブ・ラブFirst Taste of Love」だった。

Jerry Leiber | The TimesDoc Pomus on Apple Music

Spanish Harlem / First Taste Of Love | take a short rest

無邪気な歌だ。いつものようにビルボード誌が、カタールの首長が膨大なオイルマネーの番をして、自分のハーレムのためにジューク・ボックスを買い、自分の宦官を数人、通訳と一緒に西ヨーロッパへ維持修理の方法を学ぶために送った。残念ながら、宦官たちは学べなかったので、二人のヨーロッパ人機械工を奥さんたちと一緒に招き入れ、住居とカタールの方に基づいた特別の施しを分け与えた。ハーレムの女性たちが何を聞いていたかを示すものはありませんが、それはエルビスだったでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。