ロックンロールの歴史 1959年 12

しかし、普通のティーネージャーたちは、自分たちが踊れる最高の音楽を探していた。いつも頼りになるハンク・バラードとミッドナイターズHank Ballard and the Midnightersは、黒人のティーンがしばらくの間ダンスに熱狂しているのを見つけ、それをもとに曲を書いたが、そのレコードの裏面の方が良く売れ、ラジオでかかった。

Hank Ballard & The Midnighters/The Very Best of Hank Ballard and the Midnighters

「ティアドロップス・オン・ユア・レターTeardrops on Your Letter」のB面もある程度売れたが、「ザ・トゥイストThe Twist」と呼ばれた曲はしばらく待たなければならない。

Hank Ballard And The Midnighters – Teardrops On Your Letter / The Twist (1959, Vinyl) - DiscogsHANK BALLARD & THE MIDNIGHTERS - The Twist (Orig)

キング・レコードKing recordsでは他に、ジェームス・ブラウンJames Brownが、数年前のかなりすごいレコードから驚くべき復活を遂げ、「プリーズ・プリーズ・プリーズPlease Please Please」等同様に、この曲も「トライ・ミーTry Me」という嘆願の歌だった。

KING RECORDS - YouTubePLEASE PLEASE PLEASE (LP)/JAMES BROWN/ジェームス・ブラウン |SOUL/BLUES/GOSPEL|ディスクユニオン・オンラインショップ|diskunion.netAmazon | Try Me [12 inch Analog] | Brown, James | R&B | 音楽

1959年の夏は、チャートに入っていたスローなレコードの数から判断すると暑かったかもしれない。イタリア系カナダ人の若者のサントとジョニーSanto and Johnnyによるスティール・ギターのインストゥルメンタル「スリープウォークSleepwalkは、史上最もスローなレコードの一つで、サミー・ターナーSammy Turnerの変わった朗読「ラベンダー・ブルーLavender Blue」も、最終的にチャートの上位にたどり着いた。

Sleep Walk - WikipediaAmazon | Lavender Blue / Very B.O. | Turner, Sammy | クラシックソウル | 音楽

そのプロデューサーはクレジットが入っていないけれど、フィリップ・スペクターPhillip Spectorで、母親が息子の言語能力に注目して、国連通訳になる勉強をするためにニューヨークに送り込んだ。

12/26は“ウォール・オブ・サウンド”の生みの親フィル・スペクターの誕生日【大人のMusic Calendar】 – ニッポン放送 NEWS ONLINE

スペクターは従順に学校通いしたが、別の学校である「リーバーとストラーLeiber and Stollerの事務所に申し込んで受け入れられ、彼らはスペクターの才能に注目して、彼らが目を配る中で自由に遊ばさせた。

Various CD: The Leiber & Stoller Story Vol.1 - Bear Family Records

若いフィリップがボーカル・グループの夏の名作に、耳をそばだてたのは間違いないだろう。「アイ・オンリー・ハブ・アイズ・フォー・ユーI Only Have Eyes for You」はこの年の初めの「スモーク・ゲッツ・イン・ユア・アイズSmoke Gets in Your Eyes」のプラターズthe Plattersバージョン同様、スタンダードのリメイク版で、ジョージ・ゴールドナーGeorge Goldnerのエンド・レコードEnd Recordsにおいてわずかな製作費で作られ、フラミンゴスthe Flamingosが最初から作る運命にあった。

Amazon Music - The FlamingosのI Only Have Eyes for You - Amazon.co.jpAmazon | Smoke Gets in Your Eyes | Platters | ポップス | 音楽

George Goldner | ディスコグラフィー | DiscogsThe Flamingos - Wikipedia

エコーがふんだんに使われ、オーケストラさながらの深みがあり、グループの声以外はほとんど何も使わなかった。言葉にならない高音のファルセットの詩が歌のところどころに入るのだが、それはネイト・ネルソンNate Nelsonがやるように、詩の下でグループが「ドゥバップ・シュバップ」と物憂げに歌うのだ。ゴールドナーGoldnerは、スタンダードをボーカル・グループが歌うこのスタイルを良いと信じていたので、完全版のアルバム「フラミンゴ・セレナーデFlamingo Serenade」を制作したが、これは1950年代のボーカル・グループのサウンドと、まさに生まれつつある新サウンドの間に一線を画すもので、10年の終わりにぴったりの画期的出来事だった。

FROM THE VAULTS: Nate Nelson born 10 April 1932The Flamingos / フラミンゴス「Flamingo Serenade / フラミンゴ・セレナーデ」 | Warner Music Japan

それはロックンロール最高の夏では決してなかったが、最後の夏にしたいと思う勢力が集まった。3月にチャック・ベリーChuck Berryがセント・ルイスにクラブ・バンドスタンドClub Bandstandというナイトクラブを開店した。

*Chuck Berry performs at Club Bandstand formerly Latin Quarter -

この店はだれにも開かれているということをしっかり強調し、店長のフランシネ・ギリアムFrancine Gilliamは優雅なブロンドだった。黒人・白人のセント・ルイスの人の最初の評判はとてもよく、成功するだろうと思われた。その一方で、ギリアムは生演奏を続けるために、お金を稼ぎながら巡業に出て、8月にミシシッピ州メリディアンで、ハイスクール男子学生社交クラブの演奏会を開いたのだが、白人の女の子がショーの後サイン会のごった返しの中で、ベリーに少し長すぎるキスをしたときトラブルになった。騒動の後、保護するためとしてベリーは投獄され、ショーの出演料として支払われた750ドルは騒動を扇動した罰金として押収された。これからもっと悪いことが起こるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です