ロックンロールの歴史 1959年 2

リッチー・バレンスRitchie Valensの将来は1959年2月3日、バディ・ホリーBuddy Holly、ビッグ・ボッパーthe Big Bopper二人と一緒に潰えた。

Amazon | Complete Ritchie Valens | Valens, Ritchie | 輸入盤 | 音楽Amazon | Buddy Holly | Holly, Buddy | 輸入盤 | 音楽

The Big Bopper CD: Hello Baby - You Know What I Like! (CD) - Bear Family RecordsRemembering Buddy Holly, Ritchie Valens, & The Big Bopper On 'The Day The Music Died' In 1959

バレンスはウィンター・ダンス・パーティーthe Winter Dance Partyに参加したが、このレビューには、ディオンとベルモンツDion and the Belmonts、バディ・ホリーBuddy Holly、ビッグ・ボッパーthe Big Bopper(テキサス州バーモントのDJで、JPジェイプ・リチャードソンJ.P. Jape Richardsonと言い、ヒット中の「シャンテリー・レースChantilly Lace」などのユーモラスな暗唱をしたり、他の人のためにノベルティ・ソングを書いていた。)、フランキー・サードFrankie Sardoが参加していた。

Buddy Holly Big Bopper Rock n Roll Poster Winter Dance Party 1950s Vintage RetroのeBay公認海外通販|セカイモンAmazon|Ron's Past and Present"Winter Dance Party" W/Buddy Holly, Big Bopper, Ritchie Valens And Dion Poster|アートフレーム・ポスター オンライン通販

それはハイレベルのツアーというには程遠く、リッチー、ディオン、その他の人にとっては好機だったが、バディ(バディ・ホリーとクリケッツとしてリストに載っていたが、クリケッツは一人も同行しておらず、バディがプロデュースしていたカントリーのディスク・ジョッキーであるウェイロン・ジェンイングスWaylon Jenningsを、ベースを演奏させるために採用しなければならなかった。)は、とてもお金を必要としていた。

Waylon Jennings – Sing The Girls A Song, Bill Lyrics | Genius Lyrics

その理由はおそらく、ノーマン・ぺティNorman Pettyが印税を差し押さえたためだからで、それで、バディが契約したのだろう。

From Clovis to Marble Arch: The Norman Petty Productions

二流のツアーであるということの更なる証拠は、旅行で乗ったバスで分かるのだが、そのヒーターは中西部における極寒の冬に故障したままで、2月2日、アイオワ州クリア・レイクのサーフ・ボールルームthe Surf Ballroomのような会場での演奏ということでもわかる。

Pin on Iowa

彼らが会場に着くと、バディはマリア・エレーナMaria Elenaに電話し、ツアーのコンディションはとてもひどいので誰かが反抗しそうだと語った。

ロックンロールの歴史 – アメリカンポップス i

それからバディは、衣服が臭かったので、次に停車するムーアヘッドに早くついたら、ショーのための宣伝の前に洗濯ができ、温かいホテルの部屋で休息しようと決めた。彼は地元の興行主の手助けを受け、飛行機をチャーターし、自分、ジェニングス、自分のギタリストのトミー・オールサップTommy Allsupがノース・ダコタ州ファーゴにショーの後、深夜12時30分に出発することとした。

Music News: Tommy Allsup, guitarist saved by a coin toss in Buddy Holly  plane crash, dies at 85 | Local Current Blog | The Current from Minnesota  Public RadioObit: Tommy Allsup, member of Buddy Holly's Winter Dance Party band | Star  Tribune

ドラマーのチャーリー・バンチCharlie Bunchはバディの元から離れ入院していたのだが、バスが故障して凍傷になり、つま先を失っていた。クリアー・レイクでのコンサートが近づくにつれ、バディが次の停泊地に行く飛行機を見つけたといううわさが広がり、突然誰もが飛行機に乗りたがった。飛行機の乗客は3人だけなので、ビッグ・ボッパーことJPリチャードソンJ.P.Richardsonは自分の座席のことでウェイロン・ジェニングスWaylon Jenningsに話を持ち掛けた時、ジェニングスは、あまり西テキサスの外に行ったことがなく、ツアーを心から楽しんでいたので、バスにある新しく買った寝袋を飛行機の代わりに使うことに喜んで同意した。

Frank Beacham's Journal: The Big Bopper was born 90 years ago todayWaylon Jennings/Waylon Jennings

しかし、トミー・オールサップTommy Allsupは、リッチー・バレンスが飛行機の座席のことで話を持ち掛けた時、そんなに簡単に承諾しなかったので、硬貨を投げて裏か表で決めることにした。表が出た。ショーが終わるとミュージシャン3人は滑走路に向かったが、そこで21歳のパイロットであるロジャー・ピーターソンRoger Petersonと、予約したチャーター便の持ち主で飛行機の旅の準備を手伝ってくれたジェリー・ダウヤーJerry Dwyerに会った。ピーターソンはちゃんとした資格を持ったパイロットで、天候をチェックしてあり、雪と風があったが対応できないことは無かった。しかし彼は、発達中の吹雪が航路沿いにあるために、視界不良を予想するニュース速報があることを見ていなかった。この場合、計器飛行(パイロットの言葉で「バイ・ワイヤー」)が必要だし、ピーターソンはその訓練を受けていた。しかし、ダウヤーの運行サービス会社にはこの種の操縦の資格がなく、ピーターソンも飛行機の特別な景気は市に不慣れで、訓練を受けたのとは反対側の高度計があった。1時少し過ぎ飛行機は離陸し、ダウヤーはタワーの中で座って夜空に光るテールランプを見ていた。ある点で、飛行機は加工したように見えたがダウヤーは、それを飛行機の角度と自分からの距離による目の錯覚だとして片づけた。しかし、奇妙なことに、ピーターソンは飛行計画を届け出ていなかった。ダウヤーは無線通信を使ったが、返事がなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。