ロックンロールの歴史Ⅰ イギリス 2

もう一人のジャズファンであるトニー・ドネガンTony Doneganは自分の聞いたブルース・レコードに憑りつかれた。

Rest In Peace Tony Donegan - Posts | Facebook

トニーのお気に入りはロニー・ジョンソンLonnie Johnsonで、都会のブルース(ビクトリア・スピビーVictoria Spiveyと共演したわいせつな曲で、オーケー・レコードOkeh Recordsから出した「ラケティア・ブルースRacketeer Blues」)と、ジャズ(デューク・エリントンDuke Ellingtonの「ザ・ムーチThe Mooche」の両股をかけていた。

Biography and Reddit Present: Super Soaker inventor Lonnie Johnson | Biography - YouTubeOkeh Records - Wikipedia

Guitar Blues [The Blues Collection #74] by Lonnie Johnson (Compilation, Blues): Reviews, Ratings, Credits, Song list - Rate Your MusicThe Mooche (10-01-28)-Duke Ellington-KKBOX

1948年、ジョンソンはひっそりとした時期の後、上品な曲、トゥモロー・ナイトTomorrow Nightをキング・レコードKing Recordsから出して登場したが、チャートで好成績を納め、キャリアを再確立した。

ヤフオク! -tomorrow kingの中古品・新品・未使用品一覧

これがきっかけでドネガンはギターを買い、できるだけうまくなろうと演奏を学んだ.

1950年に陸軍に徴兵されるとウィーンに派遣され、そこで初めてカントリー・アンド・ウエスタンとリズム・アンド・ブルースをたらふく米軍ラジオで聞いた。退役した翌年、ロンドンに戻って演奏する機会を求め始めた。フィッシュマンガーズ・アームズFishmongers Armsというパブが採用して、レギュラーのジャズ・バンドの出演の合間にはめたが、トニーにはもっと大きな考えがあった。

Fishmongers Arms - Wikipedia

トニーは、ザ100クラブThe 100 Clubにたむろして、才能のある奴をチェックし、最終的にビル・ブランスキルのバンドでバンジョーを演奏する仕事を手に入れたが、彼の演奏がとても上手だったので、すぐにバンド名がトニー・ドネガンズ・バンドTony Donegan’s bandになった。

Amazon | At the 100 Club by Johnny Parker & His Reunion Band With Ken Colyer (2000-06-29) | Johnny Parker & His Reunion Band With Ken Colyer | ミュージック | 音楽Yes Suh - song by Tony Donegan's Jazz Band | Spotify

唯一の問題は、いつ彼がスポットライトを浴び、歌い始めたかということだが、人々(当時のガールフレンドを含むと言われている)は、騒音から逃れるために、そのバーによく行ったものだった。それでもトニーには自分に対する信念があって、できるだけ聴衆の前で演奏し、1952年までにはロニー・ドネガンLonnie Doneganと自称していたのだが、それは紛れもなく自分のアイドルであるロニー・ジョンソンLonnie Johnsonに敬意を表してのことだった。

LONNIE DONEGAN - HIT COLLECTION - CD - Amazon.com MusicAmazon | Blues Stay Away from Me: Selec | Johnson, Lonnie | 輸入盤 | 音楽

ロニー・ドネガンの名前で、6月のある晩、ロイヤル・アルバート・ホールRoyal Albert Hallにおいて18幕の派手なショーを催したが、彼自身とギターだけだった。

Welsh Association of Male Choirs Festival Concert, The Royal Albert Hall,  London - Mansfield Male Voice ChoirEngineering Timelines - Royal Albert Hall

自分でも認めたように、それはひどかったが、舞台では他の誰もしなかったことをしていた。そして、もし批評家がしなくても、観客は熱狂した。その月の終わりには、再びフェスティバル・ホールFestival Hallの舞台にいて、貼り紙によると、企画がジャズ協会全国連盟the National Federation of Jazz Organisation、出演がイギリス、オランダ、スウェーデン、ジャズ音楽家、ラグタイムのピアニストのラルフ・サットンRalph Suttonと他ならぬロニー・ジョンソンLonnie Johnsonという二人のアメリカ人だった。

Ken Colyer's Jazzmen, Alex Welsh And His Dixielanders*, George Melly, Chris  Barber's Jazz Band And Lonnie Donegan Skiffle Group* - The National Jazz  Federation Presents: Traditional Jazz At The Royal Festival Hall,National Federation of Jazz Organisations, Royal Festival Hall - 1951 012 - National  Jazz Archive

Ralph Sutton - Partners In Crime (1994, Vinyl) | DiscogsLonnie Johnson Vol. 2 (1926-1927)

もちろん、ドネガンが仕事を受けたのは、貼り紙に載っていた有名人がアメリカ人などの外国音楽家についての音楽家組合の禁止に対する抗議として、出演を取りやめた後のことだった。しかしドネガンはとても緊張して、ナイトクラブ音楽ショーを催した、自分のアイドルであるジョンソンに一言も話しかけなかった。その後、クリス・バーバーChris Barberのバンドが解散したという知らせが届いた。ドネガンはすぐにバーバーと連絡を取った。

Chris Barber - A Life on the Road - Chris Barber in Retrospect (2020)  [Dixieland]; FLAC (tracks) - jazznblues.club

新バンド結成の一環で、ビル・コルヤーBill Colyerをマネージャーとして採用し、ウォータールー駅でケン・コルヤーと遭った後、バンド名をケン・コルヤーズ・ジャズメンKen Colyer’s Jazzmenに代えた。

Ken Colyer's Jazzmen - Eel Pie Island Museum

すぐにデンマーク・ツアーを行った。そしてその後、戻って来ると、再び改名した。ケン・コルヤーズ・ジャズ・アンド・スキッフル・グループKen Colyer’s Jazzmen & Skiffle Groupになった。

Ken Colyer's Jazzmen & Skiffle Group 1956 by Ken Colyer (2013-05-03) -  Amazon.com Music

その理由は、自分たちの幕間の音楽がニュー・オーリンズ・ジャズと同じくらい人気のあることに気づいたからで、バーバーBarberがストリング・ベース、ドネガンDoneganとケン・コルヤーKen Colyer がギター、ビル・コルヤーBill Colyerがウォッシュ・ボードを弾いて、アメリカのレコードで覚えたアコースティックなブルース曲を演奏した。ビルは、集めたレコードを隈なく聴き、2枚のアメリカン・エクスクルーシブ78回転American Exclusive 78sの中にダン・バーレイとヒズ・スキッフル・ボーイズDan Burley and His Skiffle Boysというグループを見つけた。

Dan Burley And His Skiffle Boys - South Side Shake (1946, Shellac) | Discogs

バーレイDan Burleyはピアノ、ポップス・フォスターPops Fosterはベース、そしてスティック・アンド・ブラウニー・マッギーStick and Brownie Mcgheeは他の楽器を何でも演奏した。

The Autobiography of Pops Foster: New Orleans Jazz Man: Stoddard, Tom:  0073999792935: Amazon.com: BooksSTICK / BROWNIE MCGHEE) MCGHEE - New York Blues & R&B 1947-1955 by STICK / BROWNIE  MCGHEE) MCGHEE (2007-03-13) - Amazon.com Music

Brownie McGhee - Brownie McGhee 1944-1955 (1990, CD) | Discogs

 

彼らはパーカッションとしてスーツケースをワイヤーブラシとともに使い、水差しで音を出し、ハーモニカを演奏し、いつも楽しんでいた。バーレイたちがどこでスキッフルという言葉を見つけたかは分からないが、コルヤーはこの単語を捉え、自分たちのしていることに当てはめた。すぐにジャズメンの聴衆の半分は幕間の演奏目当てで来るひとたちになり、好きな曲に合わせて歌うのだが、その中でレッド・ベリーLead Bellyのミッドナイト・スペシャルMidnight Specialが一番だった。

Leadbelly - Midnight Special (1998, CD) | Discogs

しかし、コルヤーはバンドの中で摩擦を起こした(特に、飲酒によってケンは手に負えなくなった)ので、1954年半ばに彼らは離れ、再びクリス・バーバー・バンドChris Barber Bandになった。

Amazon | The First Eleven | Barber, Chris Big Band | トラディショナルジャズ | 音楽

このバンドは二人を除いて同じバンドであることをすべての人が知るようにさせ、特にすでに10インチアルバムを作成したデッカの人達には、そのことを知ってほしかった。

Decca Records - Wikipedia

デッカは、ニュー・アルバムを作るというのは良い考えだと思い、ニュー・オーリンズ・ジョイズNew Oleans Joysというレコードを7月に作ったが、それは8曲入りで、そのうちの2曲がロック・アイランド・ラインRock Island Lineとジョン・ヘンリーJohn Henryというスキッフルだった。

Chris Barber LPs: New Orleans Joys

Amazon | Rock Island Line | Donegan, Lonnie | ポップス | 音楽John Henry - Lonnie Donegan | Songs, Reviews, Credits | AllMusic

その後デッカは6か月間そのアルバムを発売しなかった。最終的に1955年1月に発売されるととても良く売れたが、ジャズは所詮イギリスでは少数派しか関心を持たないと考えた。しかし、待てよ、他の2曲はどうなんだ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です