ロックンロールの歴史 1955年 6

1955年5月に起きたもう一つの出来事は、ルー・チャッドLew Chuddが長年望んでいたファッツ・ドミノFats Dominoの成功を成し遂げたことだ。

Marv Goldberg's R&B Notebooks - HAWKS

Marv Goldberg's R&B Notebooks - FATS DOMINO

1950年のザ・ファット・マンThe Fats Man以来、ファッツはR&Bチャーではよくやっていたが、ポップ・ラジオでファッツをかけてもチャート入りしなかった。

Amazon | The Fat Man: 25 Classic Performances | Domino, Fats | クラシックソウル | 音楽

エイント・ザットゥ・ア・シェイムAin’t That a Shame、そういったことがすべて変わった。

Ain't That A Shame — Fats Domino | Last.fm

この曲は最初にそぞろ歩くようなミッド・テンポのピアノ演奏があり、ファッツが愛嬌のある声で悲痛な思いを歌っている。たまらないほど魅力的で、R&Bチャートで1位になっただけでなく、ポップ・チャートでも10位になり、ポップでの地位を確立した。チャドはデイブ・バーソロミューDave Bartholomewがプロデュースした別のナンバーも手に入れたが、それはギタリストのスマイリー・ルイスSmiley Lewisによるものだった。

Death Of The Century Man Of New Orleans, Dave Bartholomew

アイ・ヒア・ユー・ノッキンI Hear You Knockin’というニュー・オーリンズの昔からの曲で、地元の才能あるピアニストのヒューイ・スミスが音頭をとり、これもヒットした。

I Hear You Knocking - Wikipedia

チェス兄弟はニュー・オーリンズで足場を築こうとしていたが、チャドはそこでは、ことごとく成功していたようだ。チェスは、1月にはホーケッツHawkettesというボーカル・グループで幸運をつかんだ。というのは、マーディ・グラス・マンボMardi Gras Mamboというレコードを発売し、市全域でその期間流行したからだ。

45cat - The Hawketts - Mardi Gras Mambo / Your Time's Up - Chess - USA -  1591

しかしグループは安定せず、消えてしまったのは残念だ。そこでリード・ボーカルを取った若者、アーロン・ネビルAaron Nevilleには才能があった。

Amazon | Warm Your Heart | Neville, Aaron | クラシックソウル | 音楽

(10月に、ジョニー・ビンセントの仲介によって、チェスはボビー・チャールズBobby Charlesのレコードを発売した。チャールズは、シー・ユー・レイター・アリゲーターSee You Later Alligatorを電話でチェス兄弟の一人に歌ったのだった。数か月後、チェス兄弟は、チャールズの本名がロバート・チャールズ・ギドリーRobert Charles Guidryで、白人のケイジャン人だと知って驚いた。)

Amazon.co.jp: See You Later Alligator: 音楽Robert Charles Guidry - Musician - Music database - Radio Swiss Jazz

エルビスについては、ツアーに出ていない時はルイジアナ・ヘイライドLouisiana Hayrideで演奏していた。

Amazon.co.jp: The Complete Louisiana Hayride: 音楽

エルビスが出演していたツアーの多くはパッケージのショーで、大見出しにはよくハンク・スノウHank Snowが載っていた。

Snow, Hank - Louisiana Hayride Hall of Fame - Amazon.com Music

スノウは小柄なカナダ人で、40年代からヒットを量産していて、マネージャーは大柄で毛深い―無作法という人もいる―トム・パーカー大佐Colonel Tom Parkerだった。

First RCA Contract for Elvis | Elvis, Young elvis, Elvis presley

パーカーが言うには、孤児だったが、フロリダで大きくなり、実はタンパで野犬捕獲者だった後、移動カーニバルの仕事に就いた。カーニバルは前途有望なカントリー・スターのたくさん集まるところで、ある背の高いハンサムなで声の良い若者がパーカーの目に止まった。エディ・アーノルドEddy Arnoldはスターダムにのし上がる途上にあり、パーカーはマネージャー契約を結んで、アーノルドがRCAレコードRCA Recordsと契約した際には、パーカーが大手レコード会社とその仕事を紹介してもらうことになった。

Eddy Arnold - Greatest Hits (FULL ALBUM - BEST OF JAZZ - BEST OF COUNTRY) -  YouTubeRCA レーベル | リリース | Discogs

パーカーと交渉しても所詮勝ち目がないということは誰もがみとることで、もしエディ・アーノルドが欲しければ大佐(この名誉称号は、ルイジアナ州知事でかつてのカントリー・スターであるジミー・デイビスJimmie Davisからもらった)と交渉することになる。

Amazon | YOU ARE MY SUNSHINE 5-CD & B | JIMMIE DAVIS | カントリー | 音楽

そして、小さな点で譲歩をすることがたまにあるが、大きなところは全部勝ち取る。カーニバルはパーカーの体に染み付いていて、アーノルドが舞台で歌っている間、大佐は口に葉巻をくわえたまま、エディ・アーノルドの歌集、おみやげのプログラム、光沢のある写真(そこにはスターがショーの後サインする)を売り歩いた。アーノルドの出演料を変更しようとしても無駄だった。パーカーは頑として譲らないのだ。一歩も譲ろうとしないために、パーカーは実は大事なものを失った。確たることは誰にも分からないが、1953年、アーノルドはパーカーを解雇したのだ。パーカーはアーノルドの出演予定を取り続けたが、それまでだった。パーカーは、数人のカントリー・アーティストをはじめとして、他の様々なことをし続けたが、1954年までに、これもRCAアーティストだったハンク・スノウと独占的に仕事をしていた。スノウのショーには彼の息子のジミー・ロジャーズ・スノウJimmie Rodgers Snowも出演していた。

Jimmie Rodgers Snow, Hank Snow, Carol Lee - Jimmie Rodgers Snow: Treasures  Untold - Amazon.com Music

今やエルビスはルイジアナ・ヘイライドと契約しているので、エディー・アーノルドやハンク・スノウと共演していて、パーカーはますますエルビスに興味を持つようになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です