ロックンロールの歴史 1953-1954年 12

サム・フィリップスSam Phillipsのところにはタレントが来た一方で、アーメット・アーテガンAhmet Ertegunとジェリー・ウェクスラーJerry Wexlerはタレントにレコーディングさせるために旅をしなければならなかった。

Leonardo DiCaprio tapped to play Sam Phillips

1956 ahmet ertegun, jerry wexler, joe turner | Al Q | Flickr

レイ・チャールズRay Charlesでヒット曲を獲得しようと決めて、コジモ・マタサCosimo Matassaのスタディオで1953年8月に2曲レコーディングし(そのうちの一曲はギター・スリムによる)、12月にはニュー・オーリンズで、そして1954年11月にはアトランタのWGSTでレイのレコーディングをした。

Amazon Music - レイ・チャールズのThe Genius of Ray Charles - Amazon.co.jp

Amazon | Cosimo Matassa Story | Matassa, Cosimo | ジャンプミュージック | 音楽

WGST (AM) - Wikipedia

途中、レイは金をもうけたが、それはレコードによるのではなかった。ニュー・ローリンズの初日以外は巡業バンドを売り物にし、メンバーを入れ替えたが、フォート・ワース出身の若いサックスフォン奏者、デイビッド・ファットヘッド・ニューマンDavid “Fathead” Newmanを最初の中核メンバーとして選んだ。

David “Fathead” Newman: From Ray Charles Protégé to Band Leader | WRTI

結果は素晴らしい曲だったが、それはアトランティックが12月にリリースした両面ヒットを制作した最後のセッションとなった。アイブ・ガッタ・ウーマン”I’ve Got a Woman”は、ゴスペルのアイブ・ガッタ・セイビャー”I’ve Got a Savior”を急いで書き直したもので、レイは全精力を注いだ。

Amazon | I've Got a Woman & Other Hits | Charles, Ray | クラシックソウル | 音楽

B面のカム・バック・ベイビーは、ファルセットのホーという叫び声を強調し、息をのむようなブルース・ボーカルに基づいたゴスペルのピアノだった。

Amazon Music - レイ・チャールズのCome Back Baby - Amazon.co.jp

A面はすぐにR&Bチャートで1位になり、B面は4位になった。レイ・チャールズはついに聴衆を見い出したというように思えた。ホーという叫び声は、たぶん1953年にスペシャルティから、トゥ・クロース・トゥ・ヘブン“Too Close to Heaven”というゴスペルのスマッシュ・ヒットを出したAlex Bradford教授に影響を受けたのだろう。

Alex Bradford - Too Close To Heaven (1963, Vinyl) | Discogs

この曲の中で、アレックスは2回ホーという叫び声を発している。この曲は、明らかに、南部を巡業し、RCAでレコーディングしていた若いブルース・シンガーから注目されていた。リチャード・ペニマンRichard Penniman―自称リトル・リチャードLittle Richard―は、精力的なステージ・ショーで知られていたが、彼のレコードは平凡なブルースだった。

Video de Little Richard Lucille , Videoclip cancion Little Richard Lucille.  | Black music, Rhythm and blues, Music legends

RCAは彼との契約を打ち切ったが、ドン・ロビーDon Robeyは、彼はお客を惹きつける力があると分かっていて、ジョニー・オーティスJohnny Otisのバンドに応援してくれるようにしてもらったので、1953年、彼はデューク・ピーコックDuke Peacockのためのセッションでレコーディングした。ロビーはレコードのリリースさえしなかったが、ぺニマンはまだ終わらなかった。

The Tempo Toppers - doo-wop

The Johnny Otis Show - The Johnny Otis Show | Discogs

Amazon Music - ヴァリアス・アーティストのThe Best Of Duke-Peacock Blues - Amazon.co.jp
オーティスも終わっていない。サン・フランシスコのフィルモア・ホール公演で、ジェイムセッタ・ホーキンスJamesetta Hawkinsという名前の、その瞬間にその場でオーディションを望む、厚かましくて色白の15歳の女の子と、対面した。オーティスは、その子にやってみさせ、それから、バンドがロサンゼルスに戻る時に彼女を連れて行く許可を、彼女の両親から取り付けた。彼らはその子にエタ・ジェイムスEtta Jamesという名前を与えた。

Jamesetta Hawkins (1938 - 2012) - Genealogy

そして、ハンク・バラードのアニーAnnieのレコードへのアンサー・レコード、ロール・ウィズ・ミー・ヘンリーRoll with Me, Henryをまとめ上げ、モダーン・レコードModernに持ち込んだが、タイトルをザ・ウォールフラワーThe Wallflowerに変えるように求められた。

Etta James - Roll With Me Henry / Good Rockin' Daddy (Vinyl) | Discogsエタ・ジェイムス、4週間連続でR&B1位となった「The Wallflower」 - uDiscover

この曲は、R&Bチャートを急上昇し、突然エタ・ジェイムスはジョニー・オーティス・レビューの同行メンバーになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です