ロックンロールの歴史 1953-1954年 10

シングルをリリースしたが、オープリー以前のある時点で、エルビスはテネシー州べテル・スプリングBetherl Spring, Tennesseeにおいて演奏したが、その時バンドを組んでいた3人兄弟が見に来た。

Grand-Ole-Opry-Dedication | 64 Parishes

彼らはエルビスのことを聞いていて、少なくともそのうちの一人はラジオでエルビスを聞いたことがあった。妻がその男に聞かせ、「あなたみたいに聞こえるわ」と言った。そしてその男も、ブルー・ムーン・オブ・ケンタッキー
Blue Moon Of Kentuckyが演奏されている時、本当にそうだと思った。

Elvis Presley - Blue Moon Of Kentucky (1960, Vinyl) | Discogs

パーキンスPerkins兄弟は1946年からそんな風に音楽を演奏していたが、当時、コットン・ボールというコンサート会場で、その演奏方法をするように説得していたのだ。カール・リー・パーキンスCarl Lee Perkinsは、エルビス・プレスリーより3歳年上で、結婚し、子供もいた。だが、カールと、兄弟のクレイトンClayton、ジェイJayは綿農場で働き、夜になるとホンキー・トンクと呼ばれる酒場で苦労しながら演奏をしていた。カールは6歳の時、両親にギターをせがんで、綿農場でパーキンス一家と一緒に働いていた黒人のジョン・ウェストブルークおじさん”Uncle” John Westbrookから、演奏を学んだ。

CARL LEE PERKINS – (APRIL 9, 1932 – JANUARY 19, 1998) – TIMH | Eleven  Warriors

実際には、パーキンス家族の家は、貧しい人たちが綿花の物納契約というひどい状況で暮らすような人種統合エリアに、有ったわけではなかった。中には黒人もいたし、白人もいた。カールはオープリーで演奏することが決まった。彼の父親は毎週欠かさずオープリーを聞いていて、自分で聞いた音楽をまねしようとするのだが、あまりうまくなかった。父親はジョンおじさんの手法がとても好きで、自分の演奏方法にも影響していた。もちろん、それはパーキンス兄弟の成功のカギとなった。兄弟は他のたくさんのバンドよりリズミカルで、みんなは踊り出すのだった。そんなことが起こりかけたのは、カールがクレイトンにベースに代わるように納得させ、演奏テクニックを実際にやって見せ、首の周りで弦が跳ねた時だった。ベース音だけでなく、カチッというリズミカルな音も鳴らした。少しずつ、パーキンス兄弟はうまくなり、最後にはフルーク・ホランダ(まぐれ当たりのオランダ人)”Fluke” Hollandという名前の男を獲得した。その男は、クレイトンのベースを引き立てるようにドラムスティックで打ち、兄弟の作ったリズミカルなインパクトを高めた。

Amazon.co.jp: W.S. "Fluke" Holland: The Father of the Drums: 本

しかし、全員が昼間の仕事を持っていて、カールはそれが嫌だった。べテル・スプリング・ショーの後に、カールは駐車場でエルビスに近づき、どんなにショーを楽しんだかを話した。(エルビスには元気づけが必要だった。というのは、最後の曲の後、ステージ上のケーブルでつまずき、しりもちをついたのだった。)カールは、サン・レコードがアーティストを探しているかどうかを尋ね、エルビスは、分からない、と答えた。それは、それで終わった。そうだなあ、それを明らかにする方法はただ一つ。数年後、パーキンスは伝記作家のデイビッド・マクギーDavid McGeeに語った。「プレスリーはうまくやった。僕がやろうとしていたことを正にやったのだし、それは聞いた瞬間に分かった。それなら、可能性があると分かり始めた。というのは、あのね、もし、ブルー・ムーン・オブ・ケンタッキーをプレスリーが録音するなら、僕がしたって良い。だって、歌っていたんだからね。僕は大馬鹿だから、そこに行って、歌ったら、[サム・フィリップは]僕の歌を気に入るかもしれない、と考えたんだ。」そこで、1954年10月、パーキンス兄弟はフルーク・オランダの車に荷物を載せてサン・スタディオSun Studioのあるユニオン・アベニューに向かった。

Sun Studio | Union Avenue, Memphis, Tennessee Sam Phillips r… | Flickr

カールが入ってレコーディングについて尋ねるや否や、マリオン・ケイスカーは彼を追っ払った。

The Anything but Ordinary Life of Marion Keisker MacInnes '42 | Rhodes News

プレスリーで手いっぱいだから、タレントはもう必要なかったのだ。エルビスみたいに歌えるとカールは主張すると、彼女は、それじゃ役に立たない、と言い返した。しかも、サム・フィリップはそこにいなかったので、オーディションをしても無駄だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です