ロックンロールの歴史 1953-1954年 7

ビル・ヘイリーとサドルメンBill Haley and the Saddlemenはフィラデルフィア地域ではとても人気があったので、昼の仕事であるWPWAのディスク・ジョッキーのところへ送られてきたR&Bレコード聞いていたのは間違いなかった。

Bill Haley And The Saddlemen | ディスコグラフィー | DiscogsAndroid 用の WPWA APK をダウンロード

1953年半ばに、彼はクレージー・マン・クレージー”Crazy Man, Crazy”というヒット曲をレコーディングし、トップ・テン間際まで登った。

Amazon.co.jp: Crazy Man Crazy: 音楽

それがデッカの知るところとなったので契約し、バンド名をコメッツCometsに変えた。シェイク・ラトル・アンド・ロール”Shake Rattle and Roll”の彼のバージョンは、もちろん歌詞をちゃんと歌わなかったし、アトランティックがビッグ・ジョーBig Joeをバックアップするために協力してもらったジャズメン達の力量には及ばなかったものの、ポップでトップ・テン入りを果たした。

Bill Haley And His Comets - Shake, Rattle And Roll (1954, Vinyl ...Ice Man by Big Joe Turner with Orchester on Amazon Music - Amazon.com

加えて、ヘイリーの成功によって、わいせつ危機と白人の若者が黒人のレコードを買うという問題の解決策が見いだせたが、それはカバー・バージョンだ。これは、他の人のレコードをレコーディングし直すという業界用語で、その歴史はほとんどの人がレコードによって歌を聞く以前の1920年代という大昔にさかのぼる。コーズChordsのシュ・ブーム”Sh-Boom”は、素晴らしい、受けそうな、それでいて微妙な曲なので、マーキュリーMercuryは白人グループのクリュー・カッツCrew-Cuts(以前の名前はカナデアーズCanadaires)にカバー・バージョンを録音させ、危うくコーズのバージョンをダメにするほどヒットした。

Amazon Music - ザ・コーズのSh-Boom & the Doo-Wop Hits - Amazon.co.jpDavid Carroll & His Orchestra - Sh Boom アルバム - KKBOX

危うく、と言ったのは、両方ともトップ・テン入りしたが、クリュー・カッツ版は1位になったのだ。ルース・ブラウンRuth Brownは、この夏、”Oh, What a Dream”という素敵な曲を、チャートに載せている。

Ruth Brown - Oh What a Dream - KKBOX

パティ・ペイジPtti Pageがすぐにカバーしたがうまくいかなかった。これまでのところ、カバー・バージョンは脅威ではなかった。しかし、それはすぐに変わる。そして、もちろん、手に負えない縁者を扱う方法は別にあり、クライド・マクファターClyde McPhatterは5月に移籍させられたのだ。

クライド・マクファター - Wikipedia

幸いにもうまく対処できたので、ドリフターズDriftersは影響を受けなかった。

The Best of Clyde Mcphatter and the Drifters by Clyde Mc Phatter ...

というのは、アトランティックはクライドをグループから引き抜いて、ソロ・アーティストとしてレコーディングをスタートさせ、グループには代わりに、声の似ているリトル・デイビッド・ボーガンLittle David Baughanを入れたのだ。

Marv Goldberg's R&B Notebooks - ORIGINAL DRIFTERS
しかし、本当の危機はメンフィスで起ころうとしていた。スターライト・ランブラーズStarlite Ramblersという名前の、地方のカントリー・バンド出身の一人のギタリストが、メンフィス・レコーディング・サービスMemphis Recording Serviceによく出入りしていて、サム・フィリップSam phillipsが気に入っていた。

Sam Phillips Memphis Recording Service - The Woodstock Whisperer ...

スコッティ―・ムーアScotty Mooreは、まったくの独学だがジャズを演奏する夢を抱いていて、サムと同様に、何か新しいことが将来起こるだろうという直感があり、そんなことをコーヒーを飲みながら語り合った。

151点のスコッティ ムーアのストックフォト - Getty Images

サムはスターライト・ランブラーズでシングルを出し、ほとんどのメンフィスのカントリー・ミュージックと同様に売れなかったが、スコッティ―は出入りを続けた。結局、誰かが、バンドを探している子のことを口に出したが、そのことはエルビス・プレスリーElvis Presleyで、スコッティ―は話を聞きたいと申し出た。

Scotty Moore Dead: Elvis Presley's Guitarist Dies at 84 - Variety

ランバーズのバス演奏者、ビル・ブラックは、2軒離れた所に住んでいて、スコッティ―は、一緒にやろうと誘った。

Bill Black | ディスコグラフィー | Discogs

Elvis performs with Scotty Moore and Bill Black at Messick High ...

7月4日、エルビスはムーアの家に現れ、ビルもやって来て、3人は一緒に数曲演奏した。曲の間に、ビルは、自分の兄弟でテキサスに引っ越したジョニーと、エルビスが知り合いであることを知った。彼らは、もう何曲かのんびりと一緒にやって、エルビスは帰って行った。スコッティ―はサムに電話をかけて、エルビスのことを、「大したことは無いけど、声は良い」と話した。サムは、テープに録音すると違って聞こえる人がいるので、レコーディングさせるといいかもしれないと考えた。彼らはスタジオの予約を取り―ビル・ブラックも来ることに同意し―、翌日午後7時ちょうどに、スコッティ―、ビル、エルビス、サムが集まり、少し話をした後、テープを回した。

MusicMoments: Elvis Presley, Bill Black, Scotty Moore and Sam ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です