ロックンロールの歴史 1953-1954年 6

チェス・レーベルChess Recordsは、ボーカル・グループ以外のブルース・アーティストの発掘にもっと関心があったが、ステイプル・シンガースThe Staple Singersの人気は否定できず、また、アラン・フリードAlan FreedのそばにいるためにクリーブランドClevelandに移ったシカゴのグループ、ムーングロウズMoonglowsを獲得したのは良い戦略だった。

貧しいポーランド移民と南部から来た黒人達が紡ぐ「チェス・レコード ...

STAPLE SINGERS / ステイプル・シンガーズ商品一覧|JAZZ|ディスク ...

A Leisurely Look @ Alan Freed – SoulRide

Do you know these 10 things about Cleveland, Ohio?

The Moonglows - Blue Velvet / The Ultimate Collection (1993, CD ...

なぜなら、”Sincerely”は、1954年後半ヒットし、グループとフリードとの関係はレーベルとフリードの関係に悪影響を及ぼさなかったからだ。

The Moonglows - Sincerely / Tempting (Vinyl) | Discogs

The Moonglows - Sincerely (1991, CD) | Discogs

そこから西になるが、生まれたばかりのドゥートンDootoneレーベル(レッド・フォックスRedd Foxxのグループによるコメディ・レコードが他の収入源だったドゥーツィー・ウィリアムスDootsie Williamsがオーナー)は、ペンギンズPenguinsのアース・エンジェル”Earth Angel”を発売し、この曲は今までにないほどうまくハーモニーを分厚くしたが、それにもかかわらず全国ヒットとなった。

Amazon | Dootone Doo Wop Vol.1 | オムニバス(コンピレーション ...

Amazon | Black and Blue: The Redd Foxx Story (Applause Books ...Blues For Dootsie: The Blue & Dootone Sides | HMV&BOOKS online ...

オーディションに出場したたくさんのボーカル・グループが歌ったような古典的なものも2曲54年に登場してきた。ハープトーンズHarptonesの発表した、ア・サンデー・カインド・オブ・ラブ”A Sunday kind of Love”は、ルイ・プリマLouis Primaが共同で書き、少なくともニューヨークのローカルでは流行った、のんびりとしたポップヒットで、リード・シンガーのウィリー・ウィンフィールドWillie Winfieldが引き立った。

HARPTONES feat. WILLIE WINFIELD - A SUNDAY KIND OF LOVE (CD ...

Amazon | His Greatest Hits | Prima, Louis | イージーリスニング | 音楽

The Harptones Featuring Willie Winfield - The Harptones (1971 ...

一方、キャデラックスCadillascsもニューヨーク出身で、チャールス・ブラウンCharls Brownとミルス・ブラザースMills Brothersもレコーディングしたグローリア”Gloria”で、ボーカルグループの最高峰に上り詰め、リード・シンガーのアール・スピーディー(又は、私たちが目にするのはスピード)・キャロルEarl “Speedy”(Speedo) Carroll は、曲のタイトルの女の子を褒めたたえてファルセットの仲間入りした。

Amazon.co.jp: The Best of The Cadillacs: 音楽

Charles Brown Gloria ダウンロード | シングル、ハイレゾ、動画など ...

Amazon | The Mills Brothers Collection | Mills Brothers | R&B | 音楽

Ill Folks: SPEEDOO DIES : EARL CARROLL of THE CADILLACS & COASTERS

キャデラックスもチャートには入らなかったが、殿堂入りした。そしてドリフターズDriftersは1954年をホワイト・クリスマス”White Christmas”バージョンで締めくくったが、ドミノーズのアレンジは、クライド・マクファターClyde McPhatter以前の経営者たちに負うところが少なからずある。

The Drifters - White Christmas (DJ Spector Retouch) | DJ Spector

ただし、クライドがこの曲に自分独自のドラマを演じるためにバスリードの後を引き継いだことは別で、このことがアービング・バーリンIrving Berlinの弁護士からの不平に発展する。バーリンは不平を言うべきではなかった。

Amazon | Irving Berlin: New York Genius (Jewish Lives) | Kaplan ...

というのは、ドミノーズは、しっかりした根拠があって、この曲を再アレンジしたのであるだけでなく、思いがけず次の2回のクリスマスにわたってチャートにいて、バーリンにお金を稼いでくれたのだ。

Amazon | Very B.O. Billy Ward & Dominoes | Billy Ward & His ...
すべての人の中のうち、ティーネイジャー向けで最も成功した人の一人が、ビッグ・ジョー・ターナーBig Joe Turnerだった。

Big Joe Turner - Joe Turner Blues (1998, CD) | Discogs

彼は、1953年をブギ・ウギの昔ながらの曲、”Honey Hush”で締めくくり、1954年を”TV Mama”で始めた。

この曲はスライド・ギターで自分のやりたいようにやるエルモア・ジェームスElmore Jamesを描いたもので、ターナーが有名になったカンサス・シティ・スタイルのジャンプ・ブルースとは全く異なるものだった。

King of the slide guitar - disc two - Elmore James - ( CD ...

しかしこれらのレコードは、年間のほとんど(32週間)チャートにいた”Shake, Rattle and Roll”の影に隠れてしまった。

Amazon.co.jp: Shake, Rattle and Roll: 音楽

この曲もわいせつ危機の一部で、ガールフレンドの「太陽が透過するドレス」をほめたり、自分をシーフードのお店を覗き見る片目の猫になぞらえている。この曲も、狂ったように体を揺らし、最初のロックンロールの古典のようにしたのだ。ターナーのバージョンがポップ・チャートに載ることは決してなかったが、白人のティーネイジャーたちは、この曲について知っていたと信じた方が良い。同様だったのが、ペンシルベニアでウェスタン・スイングの29歳のバンド・リーダーで、地域レーベルで、”Rock This Joint”などのタイトルの人気レコードをレコーディングし、”Rocket 88”のカバーをしていた。

Bill Haley And His Comets - Rock The Joint! (1985, Vinyl) | Discogs

Rocket 88" Bill Haley and the Saddle Men (later called Bill Haley ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です